ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
がんばらない介護
【第1回】 2017年3月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
橋中今日子

いつもと様子が違ったら
迷わず救急車を呼ぶ
介護保険制度やサービスを使いこなす方法1

1
nextpage

内閣府の発表によれば、介護保険制度で「要支援」「要介護」と認定された人は2013年度末で約570万人にのぼり、日本は「誰もが介護し、介護される」“大介護時代”に突入したといえます。ただ、介護の現場では、介護する人の多くが精神的にも肉体的にも追いつめられているのが現実です。そこで、介護認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護し、ブログ「介護に疲れた時、心が軽くなるヒント」を通じて介護する人たちの悩みを解消してきたリハビリの専門家(理学療法士)が、「介護の心を軽くするコツ」を紹介します。

橋中今日子(はしなか・きょうこ) 理学療法士。リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学やコーチングを学ぶ。自身の介護体験と理学療法士としての経験、心理学やコーチングの学びを生かして、介護と仕事の両立で悩む人、介護することに不安を感じている人に「がんばらない介護」を伝える活動を全国の市区町村で展開中。企業では、介護離職防止の研修も担当。ブログ「介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント」では、「介護をしていることで、自分の人生をあきらめないで!」「あらかじめ対策を知っておくことで、問題は回避できます!」といった介護疲れを解消し、心がラクになる情報を発信中。NHK、TBSほか、テレビやラジオでも活躍中。


「母が突然、歩けなくなってしまいました。すごく痛がっているし、地域包括支援センターはお休みだし、いったいどうしたらいいのか…」

お正月早々、Dさん(40代女性・会社員)から電話がかかってきました。
70代半ばの母親は軽度の認知症で、「要支援1」の認定を受けています。
しかし、ある程度、家事ができ、父親のサポートもあって日常生活に大きな支障がなかったため、介護サービスは受けておらず、ケアマネも決まっていませんでした。

Dさんの住まいは実家から自転車で20分ほどの距離です。父親に呼び出され、あわてて駆けつけたものの、母親はふとんから起き上がることができず、痛みはひどくなるばかり。意識ははっきりしていますが、かなり動揺しています。
しかし、腰の悪い父親とDさんだけでは、母親を動かすこともできません。

私は迷わず「突然動けなくなるのは、身体に何か異変が起こっている可能性があります。すぐに救急車を呼んでください」とアドバイスしました。

Dさんは「意識はしっかりしているのに、救急車なんて……」とためらっていましたが、手遅れにならないうちにと強く勧めました。
かつて、認知症の祖母が同じような状況になった経験が私にもあったからです。

数分後、救急車が到着。救急病院に搬送され、検査したところ、骨盤が折れていることが判明しました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
小さな習慣

小さな習慣

スティーヴン・ガイズ 著/田口未和 訳

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
小さな習慣とは、毎日これだけはやると決めて必ず実行する、本当にちょっとしたポジティブな行動。この方法を使えば、すべてのことは、習慣化し、目標を達成でき、夢を叶え、人生を変えることができる。何しろ「小さ過ぎて失敗しようがない」のですから。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



理学療法士
リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学やコーチングを学ぶ。自身の介護体験と理学療法士としての経験、心理学やコーチングの学びを生かして、介護と仕事の両立で悩む人、介護することに不安を感じている人に「がんばらない介護」を伝える活動を全国の市区町村で展開中。企業では、介護離職防止の研修も担当。ブログ「介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント」では、「介護をしていることで、自分の人生をあきらめないで!」「あらかじめ対策を知っておくことで、問題は回避できます!」といった介護疲れを解消し、心がラクになる情報を発信中。NHK、TBSほか、テレビやラジオでも活躍中。


がんばらない介護

リハビリの専門家(理学療法士)であり、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護してきた橋中今日子さんが、3/16配本の著書『がんばらない介護』の中から、DOL読者にふさわしい10項目をピックアップして紹介する。また、母親の在宅介護を経験した作家・落合恵子さんとの4回にわたる「介護と仕事の両立」をテーマにした対談も掲載。

「がんばらない介護」

⇒バックナンバー一覧