ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

富士山並みに有名な原発事故
懸念される欧州での風評被害

加藤 出 [東短リサーチ取締役]
2011年4月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ドイツ人は1986年産のワインを飲みたがらない、という話をドイツに住んでいた金融市場関係者から聞いた。チェルノブイリ原発事故があった年だからだ。風評リスクが一度高まると、そのイメージを変えることは容易ではない。

 浮世絵「冨嶽三十六景:凱風快晴」(通称“赤富士”)は海外でもよく知られている葛飾北斎の代表作の一つである。英国の有力な政治経済誌「スペクテーター」4月16日号は、この北斎画をアレンジした「Mount Fuji 2011」というイラストを掲載していた。

 雄大な赤い富士山の稜線に満月がかかっているかのように、黄色い原発マークが輝いている。経済産業省原子力安全・保安院が福島第1原発事故の国際原子力事象評価尺度をレベル7に上げたことを受け、同誌はこのイラストを載せた。残念なことに、海外では、原発事故は富士山と並ぶ日本の象徴になってしまった感がある。

 先日の欧州出張時に会ったロンドンのある著名エコノミストは「なぜこのタイミングでチェルノブイリと同じレベル7になるのか?」とその判断を不思議がっていた。もともと金融市場関係者は原発事故の評価尺度の根拠をよく知らないので、レベル7の妥当性を議論するつもりはないようだ。しかし、「日本政府はじつは何か隠してきたのか?」という疑心暗鬼が海外で広まりやすくなっている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

加藤 出 [東短リサーチ取締役]

東短リサーチ取締役チーフエコノミスト。1988年4月東京短資(株)入社。金融先物、CD、CP、コールなど短期市場のブローカーとエコノミストを 2001年まで兼務。2002年2月より現職。 2002年に米国ニューヨークの大和総研アメリカ、ライトソンICAP(Fedウォッチ・シンクタンク)にて客員研究員。マネーマーケットの現場の視点から各国の金融政策を分析している。2007~2008年度、東京理科大学経営学部非常勤講師。2009年度中央大学商学部兼任講師。著書に「日銀は死んだのか?」(日本経済新聞社、2001年)、「新東京マネーマーケット」(有斐閣、共著、2002年)、「メジャーリーグとだだちゃ豆で読み解く金融市場」(ダイヤモンド社、2004年)、「バーナンキのFRB」(ダイヤモンド社、共著、2006年)。


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧