ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

「ビジネスマンよ、休暇を取って
ボランティアに行こう」
金子郁容 慶應義塾大学大学院教授

週刊ダイヤモンド編集部
2011年5月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
金子郁容(Ikuyo Kaneko)
慶應義塾大学大学院教授
1994年より現職。内閣府「新しい公共」推進会議座長。主著に『ボランティア』『コミュニティ・ソリューション』(共に岩波書店)など。Photo by Ryuichi Mine

 ボランティアは日本に定着してきたが、それでもまだ関心はあるが、「自分にはたいしたことはできない」と考えてしまう人も多いようだ。

 東日本大震災が残した大きな惨状に立ち尽くし、解決すべき大きな問題に対して個人にできることは「焼け石に水」に見えるかもしれない。しかし、被災者の元に行き、「あなた方に関心を持つ人間がここにいる」と示すだけでも意味がある。人間だからできることで、徒労ではない。

 人間は誰でも、自分が「人の役に立つ」と感じることはうれしく、それは生きている証しでもある。ボランティアは相手のために行うだけのものではない。人を助けようと思ったら、逆に自分が助けられた。ボランティアはしばしばそう感じる。ボランティアは誰かに言われてやるのではないから、つらいこともあるが新しい発見も多い。相手との相互関係のなかで価値を見つける。

 つまり、ボランティアは自分のためでもあり、人のためでもある。

 普通の人は、仕事を通して他人のためになるという実感はなかなか得られないものだ。「誰かのためになにかしたい」のだが、日常の仕事でその思いはなかなかかなえられないのが現実だ。ボランティアでは、それが具体的かつ直接的に感じられる。

 与えることがじつは与えられることだと実感できたら、それは、それまで切り離されていた人びとのあいだになにかしらの「つながり」が成立したことになる。こうした関係性は、社会を多様で豊かなものにする。ボランティアは、絶望を希望に変え、社会を新たな段階に移行させる一つのきっかけになる。

 ボランティアで、人も社会も成長する。このことに企業も気づき始めている。休暇を取ってボランティアをしてきた人が会社に戻り、会社にCSR(社会的責任)活動を提案することもいいだろう。だから、ビジネスマンよ、休暇を取って、思い切ってボランティアに行こう。(談)

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧