ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
もし親に何かあったらあなたの生活はどうなるか?
【第6回】 2011年5月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
村田裕之 [村田アソシエイツ株式会社代表取締役/東北大学特任教授]

遺産相続、特に揉めやすい7つのケース

1
nextpage

ケース1
親と別居、兄弟姉妹が親と同居している

 次男は東京に住んでいて、兄夫婦が田舎の福島で両親と同居していましたが、要介護状態だった父が82歳で亡くなったとします。こういう場合、遺言書がないと兄が遺産分割協議書を手配する場合が多いのですが、往々にして兄に有利な内容になりがちです。

 同居していた兄は「介護も含めて親の面倒を見てきたのだから、財産も多めにもらって当然だ」と思っています。一方、別居していた次男は「こっちは、小さな家でも自前で高額なローンを組んで購入し、毎月支払いに追われているのに、兄は家賃も払わず大きな家に住んでいて不公平だ」と思うかもしれません。

 このように、実家の親が亡くなると親と同居していた子どもは、自分に有利になるように相続手続きを進めようとする傾向があります。一方、別居していた子どもは、自分にほとんど相談もなく一方的に手続きが進められることに対して反感を持つ可能性があります。もし、あなたがこれと似たような状況なら、要注意です。

ケース2 
親が小規模な事業を営んでいる

 親が株式会社の経営者の場合、親が保有していた株の相続で揉めると、場合によっては会社を売却・譲渡するなど、事業体制の根幹に大きな影響を及ぼす可能性があります。この場合、誰もが納得いく人を会社の後継者に指名し、その人に会社の株式、預貯金、不動産などの資産を相続させる旨を遺言書に盛り込むことが重要です。

 また、親が個人事業主の場合、第3回で説明したとおり、それを知った金融機関が親名義の口座を支払い停止にするため、従業員への給与支払いや取引先への支払いができなくなる可能性があります。

 それなりの規模の会社を経営している場合、顧問弁護士や税理士がこうした事業承継に関するアドバイスを事前にしてくれると思いますが、小規模な事業の場合、事前準備が手薄になりがちなので注意が必要です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村田裕之 [村田アソシエイツ株式会社代表取締役/東北大学特任教授]

新潟県生まれ。1987年東北大学大学院工学研究科修了。日本総合研究所等を経て、02年3月村田アソシエイツ設立、同社代表に就任。06年2月東北大学特任教授、08年11月東北大学加齢医学研究所 特任教授、09年10月に新設された東北大学加齢医学研究所スマートエイジング国際共同研究センターの特任教授に就任。エイジング社会研究センター代表理事。わが国のシニアビジネス分野のパイオニアであり、高齢社会研究の第一人者として講演、新聞・雑誌への執筆も多数。
 


もし親に何かあったらあなたの生活はどうなるか?

あなたの親は70歳を過ぎていますか? まず、親が70歳を過ぎ元気なうちにやるべきことは、親が将来、認知症になったり、要介護や寝たきりになったときの備えと、亡くなった後のトラブル予防です。

「もし親に何かあったらあなたの生活はどうなるか?」

⇒バックナンバー一覧