HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

「子どもを置いて自分だけ逃げられない」
自宅に留まり津波の犠牲になった引きこもりと母親たち

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第65回】

 被災地に住む引きこもりの人たちはいま、どんな状況にあるのだろうか。

 震災で大きな被害を受けた岩手県宮古市にある「みやこ若者サポートステーション」を訪ねた。

津波被害の大きかった岩手県宮古市
被災地に住む引きこもりたちの今

 地域若者サポートステーションというと、厚労省の委託事業であり、ハローワークと隣接しているような市街の中心部に立地しているイメージがある。しかし、同ステーションは、JR宮古駅から車で10分ほどの長閑な住宅街を一望できる旧保育園の施設内に開設されていた。

 運営しているのは、NPO法人「みやこ自立サポートセンター」。24年前の1987年に結成された「岩手県不登校を考える父母会」が「若者の自立を考える親の会」とともに主体となり、NPO法人「岩手県青少年自立支援センター ポランの広場」と名称を変えて活動を続けてきた。

 玄関のガラス扉には、連絡の取れなくなった利用者や母親の名前リストが黒マジックで貼り出されている。その後、無事が確認された利用者には丸が付けられ、「無事」とか「自宅」とか「避難所名」などが記されていた。しかし、いまだ所在が不明のままの名前も、少なくない。ここが被災地であることを痛感させられる。

 岩手県内では、この宮古地区をはじめ、12地区で「ポランの広場」の父母会が結成されている。そのうち、宮古など5地区は、津波による被害が大きかった沿岸地域だ。

 同センターが断片的に把握している情報によれば、震災による津波が来ても、家から出られないまま、亡くなった引きこもり当事者が数多くいるという。同センターの理事の母親も、そんな息子を救い出そうとして、犠牲になった。

1 2 3 >>
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧