ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

浜岡原発運転中止で菅政権は浮揚できるか?

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第81回】 2011年5月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 政府の要請を受けた中部電力は、数日中に浜岡原発の全炉の運転を中止することを決めた。

 大筋では、政府と中電の対応を評価することができる。

 それにしても中電の迅速な対応は際立っていた。東電経営陣のもたつきぶりにうんざりしていたから、なおさら中電の対応が見事に見えた。

 東電と比べて中電は、財界中枢や政府・経産省との距離が遠い。電力会社間でも、東電はより他社への影響を考慮するだろう。中電は微妙な立場の違いで決断の自由度が高かったのだと思われる。また、それ以上に経営陣の資質も優れているのではないか。

 もちろん、余裕電力が大きかったことも幸いしている。

 中電の水野明久社長は、計画停電も電気料金値上げも「考えていない」と明言した。そういうだけの具体的な根拠があるのだと信じたい。

政府内でも分かれる「原子力政策」への展望
今後望まれる原発事故への対応

 だが、今の段階で政府の対応が全く正しかったとは断定できないし、政府の“要請”がタイミングや手法の点で最善であったとも思わない。

 私は、やはり、もっと早い機会に浜岡原発に関する明確なメッセージを発するべきだったと思う。それは、“要請”でなくとも“期待”程度のものでもよかった。

 そして、福島原発事故の拡大に確かな歯止めがかかった段階で、今回の原発事故を徹底的に検証する検証委員会を立ち上げる。そのメンバーは、いわゆる“原子力村”の人は排除し、利害関係のない中立的な内外の専門家に限らなければならない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧