ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
がんばらない介護
【第12回】 2017年3月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
橋中今日子

介護の前の「医療」というハードル
落合恵子さん×橋中今日子さん 対談2

1
nextpage

ある日、突然やってくる介護。私たちはどう向き合い、どう乗り切っていくべきなのか。ともに介護を経験されている、作家の落合恵子さんと橋中今日子さんに、介護から学んだこと、これからの介護の課題について語っていただきました。落合さんは、エッセイ(『母に歌う子守唄〜わたしの介護日記』『同 その後』)で母親を介護した7年間をつづり、橋中さんは、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟の3人を21年間1人で介護した経験をベースに、このたび『がんばらない介護』を上梓しました。 (2017.3.2クレヨンハウスにて 構成・文:立野井一恵)

ドクターに対する不信感

(c)神ノ川智早 落合恵子(おちあい・けいこ) 1945年栃木県宇都宮生まれ。執筆と並行して、子どもの本の専門店、女性の本の専門店、オーガニックレストラン等を主宰。2016年12月に40周年を迎えた。総合育児雑誌「月刊クーヨン」、オーガニックマガジン「いいね」発行人。また、16年夏にはオーガニックコットンを素材とした洋服「Ms.crayonhouse」をデザインし、販売している。社会構造的に「声が小さい側」に追いやられた「声」をテーマに執筆。最近の主な著書は、『てんつく怒髪』(岩波書店)、『おとなの始末』(集英社新書)、『「わたし」は「わたし」になっていく』(東京新聞出版)、『質問 老いることはいやですか?』(朝日新聞出版)ほか、絵本の翻訳など多数。「さようなら原発1000万人アクション」「戦争をさせない1000人委員会」呼びかけ人。

【落合】母は、大きな病院の医師にパーキンソン病と診断されました。一方、違う病気が隠されているんじゃないかという疑問もあったのです、私の中に。
【橋中】高齢者は病気が重なってきますしね。

【落合】いろいろな本を読んでいくと、もしかしたら、母にはアルツハイマー病も入っているんじゃないか。当てはまる症状がいくつかあった。最初は、総合病院の心療内科の先生に。2番目は介護について大変詳しいことで知られる先生に、セカンドオピニオンを求めました。どちらもパーキンソン病だという診断だったんだけど。
【橋中】でも、納得されなかったんですね。

【落合】もう1度、アルツハイマーを中心に調べていったとき、この先生に診ていただきたいと思う方が、2人いらっしゃったんです。お1人は地方在住の方。もう1人は都内で、ちょうどアフリカから帰国されていた。母の資料をもって訪ねていくと、MRIを見た瞬間、「アルツハイマーが入っています。よくわかりましたね」と。
【橋中】覚悟されていたかもしれませんが、ショックじゃなかったですか。

【落合】むしろホッとしました。1つの病気でも大変だし、アルツハイマーがあるともっと大変だけど、私が感じていたクエスチョンマークにもうひとつの答えが見つかったと。前例だけで人を判断したらいけない。私が社会に向かって異議申し立てをしている理由ですね。それが医療にもあったという。
【橋中】お母様の病気を通して気づかれた。

【落合】サードオピニオンでアルツハイマーとわかった。3番目の先生が手紙を書いてくださって。だけど、当時アルツハイマー病に効果ありとされていた薬は発病して初期から中期に、と。結局、手遅れでしたが。だけど、私の中にあった疑問の1つが、ここで解けたというのは大きかったんです。 
【橋中】ずっと感じていた疑念は、間違いじゃなかったんですね。

【落合】母の病気と介護に関する、第二の誕生日だと思っています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
どうすれば、売れるのか?

どうすれば、売れるのか?

木暮太一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
売れるものには、法則がある!ヒット商品・話題のサービス、人気コンテンツ、行列のできる店…似たように見えるのに、なぜ売れるものと売れないものがあるのか?著書累計150万部、リクルート×サイバーエージェント×富士フイルムで学んだ、センスに頼らず、繰り返し人の心を動かす究極のメソッド。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、4/16~4/22)



理学療法士
リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学やコーチングを学ぶ。自身の介護体験と理学療法士としての経験、心理学やコーチングの学びを生かして、介護と仕事の両立で悩む人、介護することに不安を感じている人に「がんばらない介護」を伝える活動を全国の市区町村で展開中。企業では、介護離職防止の研修も担当。ブログ「介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント」では、「介護をしていることで、自分の人生をあきらめないで!」「あらかじめ対策を知っておくことで、問題は回避できます!」といった介護疲れを解消し、心がラクになる情報を発信中。NHK、TBSほか、テレビやラジオでも活躍中。


がんばらない介護

リハビリの専門家(理学療法士)であり、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護してきた橋中今日子さんが、3/16配本の著書『がんばらない介護』の中から、DOL読者にふさわしい10項目をピックアップして紹介する。また、母親の在宅介護を経験した作家・落合恵子さんとの4回にわたる「介護と仕事の両立」をテーマにした対談も掲載。

「がんばらない介護」

⇒バックナンバー一覧