ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
業界別 半年先の景気を読む

バブル後、住宅購入の
ベストタイミングはいつだったのか
~ついに始まった「東証住宅価格指数」を読み解く

吉崎誠二 [ディー・サイン不動産研究所所長、不動産エコノミスト]
【第67回】 2011年5月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 米国の景気指数の1つとして、世界の投資家・企業経営者が注目しているS&Pケース・シラー住宅価格指数(ケース・シラー指数)。世界経済がリーマンショックから立ち直ったかと思われていた頃、よくテレビ等では「明日は、ケース・シラー指数が発表されます。注目です」などと報道されていた。アメリカの住宅価格動向を示す指数であると同時に、代表的な景気指数である。

 そして日本でも、このケース・シラー指数の日本版といえる指数(=東証住宅価格指数)が4月26日に東京証券取引所から発表された(東証は試験的に公表、としている)。今年に入り、公表が発表された時から金融業界・不動産業界などを中心に期待が寄せられていた。

 この指数はまだ第1回が発表されたばかりであり、発表当日こそテレビや新聞で大きく取り上げられていたが、それほど話題にならなかった。しかし、これからは大いに注目を集めることになるだろう。

 今回は、この発表された最新データ(1993年1月~2011年2月)を読み解いてみたい。実は読み解くことで、バブル崩壊後、いつごろが最も住宅の買い時だったのかが見えてくるのだ。

日本版ケース・シラー指数
「東証住宅価格指数」のあらましと概要

 米国ケース・シラー指数は、2人の大学教授(ケース氏とシラー氏)によって開発された指数である。現在ではその手法で算出されたデータが、S&P社から公開されている。日本版ケース・シラー指数は、東証住宅価格指数という名前になったが、もとは国土交通省が早稲田大学(川口教授らが中心)とともにまとめ上げた、「住宅市場動向に関する指標のあり方の検討業務報告書」で示された手法を用いている。

 この報告書は国土交通省のサイトからダウンロードでき、かなり詳細に書かれている。興味のある方はご一読をオススメする。

 この指数は、中古マンションの成約事例に基づいた指数で、その成約事例(場所・価格…など)は、(財)東日本不動産流通機構(通称 レインズ)が所有しているデータを使っている。公開頻度は月1回で最終火曜日16:00である(これは米国と同じ)。また、最新データは2ヵ月前の取引事例である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

 

吉崎誠二 [ディー・サイン不動産研究所所長、不動産エコノミスト]


早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。立教大学博士前期課程修了。船井総合研究所上席コンサルタント・Real Estateビジネスチーム責任者を経て、現在、ディー・サイン不動産研究所所長に就任。不動産関連企業・ハウスメーカー・設備関連メーカーなどを中心にコンサルティングを行う傍ら、不動産エコノミストとしてデータ分析、一般・投資家・企業向けの講演を多数行う。著書に『2020年の住宅・不動産市場』(朝日新聞出版)『「消費マンション」を買う人 「資産マンション」を選べる人』(青春出版社)など9冊。連載はダイヤモンド・オンラインをはじめ、各種媒体に月間6本を担当。オフィシャルサイト&ブログ http://yoshizakiseiji.com/blog/

 


業界別 半年先の景気を読む

不透明な経済状況が続き、半年先の景気を読むことさえ難しい日本経済。この連載では、様々な業界やテーマで活躍する船井総研の専門コンサルタントが、業界別に分析し、半年先の景況感を予測していきます。

「業界別 半年先の景気を読む」

⇒バックナンバー一覧