ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
30分で英語が話せる
【第4回】 2011年5月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
クリス岡崎

英語で最も難しい「語順」を、簡単に理解しよう!
英語の「語順」は【誰が→どうする→何を】だけを意識すれば大丈夫!

1
nextpage

英語が難しいと言われている、最も大きな要素は「語順が日本語と違うこと」なんだ。でも、「語順」で意識してほしいのは、【誰が→どうする→何を】の1つだけ。え? あとの「today(今日)」とか、「at night(今晩)」とかっていう英単語は、どう並べればいいかって? そんなの、後に、くっつけちゃえば、通じちゃうよ! イェ~イ!!

英語で最も難しい「語順」を
簡単に理解しよう!

 実は、「英語が難しい原因の1つ」は「語順」なんだ。

【誰が(S)→どうする(V)→何を(O)】だけならいいのだけれど、たとえば、

 I study English at school.

 という英文の「at school」の部分。

 「これをどこに配置するのが正しいんだろう」って、みんな迷っちゃうんだよね。

 でも、「at school」の部分の「語順」がわからなくっても、大丈夫。

 At school I study English.

 でも、

 I study at school English.

 でも、

 I study English at school.

 でも、

 どれでも「言いたいこと」くらいは伝わるよ。

 もちろん、正確ではないけど、多少、誤解されるかもしれないけれど意味は理解してもらえるから、大丈夫!

 だから、「必要な要素が入っていれば、どんな語順でも大丈夫!」くらいの気楽な感じで考えようよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たとえば、日本語を勉強しているネイティヴがあなたに、

 「学校、私、英語、勉強する」と言ってきても、

 「私、英語、勉強する、学校」と言ってきても、

 「私、学校、英語、勉強する」と言ってきても、

 どれでも、それなりに言いたいことは伝わってくると思うんだ。

 まさか、上記の日本語を、海外のネイティヴが言うのを聞いて、

 「へぇ~キミは、畑でニンジンをつくっているんだね!」なんて、みんなもゼッタイ勘違いしないでしょ(笑)。

 だから「語順」に関しては、基本的に
【誰が(S)→どうする(V)→何を(O)】

 を使って、それ以外の要素は、「とりあえず後ろにくっつけとけ!」くらいなユルイ気持ちで考えよう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    キーワード  クリス
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)




    30分で英語が話せる

    やっほ~! 『30分で英語が話せる』に興味を持ってくれたみんな~! ありがとね~!クリス岡崎です! この記事はね、「たった2つのことを覚えるだけで」で、30分で英語が話せるようになっちゃうっていう、すごい記事なんだよ! イェーイ!

    【1】みんながすでに知っている「700語の英単語だけ」で会話ができる
    【2】「たった6つの正しい発音」覚えるだけで、ネイティヴに通じる英語になる

    このたった2つのことを覚えるだけだから、「30分で英語が話せる」ようになっちゃうってことなんだ! すごいでしょ!
    そして、「ひと言」でもネイティヴに自分の英語が通じると、一気に「英語って楽しい!」ってなっていって、もっと、もっと、「英語がやりたい!」っていう気持になっていく。「英語が話せる」って、ほんっっっっっっとうに楽しいものだよ!

    「30分で英語が話せる」

    ⇒バックナンバー一覧