ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
幸せを引き寄せる「口ぐせ」の魔法
【第15回】 2017年4月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
山名裕子

「私はできる」と声に出せば実現の確率は高まる

無意識のうちについつい言ってしまう口ぐせ。でも、その口ぐせひとつで幸せになれる人となれない人が決まってしまうとしたら……? テレビ出演多数の人気臨床心理士が、幸せを引き寄せる口ぐせの数々を、脳への効果や医学的理論を基に解説。今回は、「私はできる」という言葉の効用についてです。

「宣言効果」のおそるべきパワー

山名裕子(やまな・ゆうこ)
やまなmental care office代表。臨床心理士。 1986年、静岡県浜松市生まれ。幼い頃から両親が一番の理解者であったが、身内ではないからこそ話せることもあるのだということに気がつく。心理学系大学を卒業後、夢に向かって努力を重ねるが、努力だけではどうにもならない挫折を味わい、自信をなくす。その後もう一度心理学を学び、臨床心理士として活動するため、大学院にて心理療法の心得や技術を習得する。2013年、臨床心理士の資格を取得。心の専門家、臨床心理士として「モーニングバード」(テレビ朝日)、「あさチャン!」(TBS系)、「Rの法則」(Eテレ)などメディア出演多数。また、有名企業から教育機関などで講演活動も精力的に行っている。主な著書に『バカ力―完璧をめざさない強さ―』(ポプラ新書)『一瞬で「できる男」と思わせる心理術』(宝島社)がある。

 「人が想像できることで、現実にならないものはない」と言われています。そして、心の中で想像するだけでなく、口に出して「できる」と言うことで、さらに現実に近づきます。

「宣言効果」というものは、皆さんが想像している以上にパワーがあるものなのです。

 例えば、ダイエットを成功させたい場合。人知れずダイエットして周りを驚かせたいという人もいるかもしれませんが、「私、今日からダイエットします!」と宣言したほうが圧倒的に実現可能性は高まります。

 宣言した手前、後には引けないという思いが強まり、食欲に歯止めが利くようになりますし、カロリーの高いものを食べようとした時に「あれ、何で食べているの?」「ダイエットするんじゃなかったっけ?」と注意されるなど、周囲による抑止力も働くからです。

「将来の夢」を具体的に宣言するのも効果的です。夢を阻止しようとする輩が出てこないとも限りませんが、それよりも、応援してくれる人による恩恵のほうが断然大きいと考えられます。

 例えば、「自分でレストランを経営するのが夢」と周囲に宣言すれば、「いい職人さんがいるよ」「いい食材を扱っている業者を知っているよ」「飲食系に詳しい不動産業者の知り合いがいるよ」などといった、レストラン経営に必要な情報がもたらされるでしょう。自分一人では得られなかった人脈も、築けるかもしれません。

 声に出して宣言することで、周囲の人々の記憶にその夢が刷り込まれるというメリットもあります。すぐには戦力にならなくとも、後日レストラン出店に役立ちそうな人や情報に出会った時に、「あ、この情報を教えてあげよう」「この人を紹介してあげよう」と思い
出してもらえます。

 いい運気を引き寄せるために、言葉の力は重要です。でも、「どういう言葉を使えば自分の気持ちが正しく伝わるか」にこだわり、想いを言葉にできない人が増えていると感じます。

 多少ニュアンスが違っても、想いは口からどんどん出したほうがいい。やりたいなら「やりたい!」と、素直に言葉にすることです。その言葉が自身の脳に刷り込まれ、周りも巻き込み、「できる」の確率を高めてくれます。口に出すことで自分自身の覚悟を固め、周りのサポート体制を整えることもできますよ。

『幸せを引き寄せる「口ぐせ」の魔法』の本文の一部を掲載しました)

スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    キーワード  口癖
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)



    山名裕子(やまな・ゆうこ)
    やまなmental care office代表。臨床心理士。
    1986年、静岡県浜松市生まれ。幼い頃から両親が一番の理解者であったが、身内ではないからこそ話せることもあるのだということに気がつく。心理学系大学を卒業後、夢に向かって努力を重ねるが、努力だけではどうにもならない挫折を味わい、自信をなくす。その後もう一度心理学を学び、臨床心理士として活動するため、大学院にて心理療法の心得や技術を習得する。2013年、臨床心理士の資格を取得。心の専門家、臨床心理士として「モーニングバード」(テレビ朝日)、「あさチャン!」(TBS系)、「Rの法則」(Eテレ)などメディア出演多数。また、有名企業から教育機関などで講演活動も精力的に行っている。主な著書に『バカ力―完璧をめざさない強さ―』(ポプラ新書)『一瞬で「できる男」と思わせる心理術』(宝島社)がある。


    幸せを引き寄せる「口ぐせ」の魔法

    無意識のうちについつい言ってしまう口ぐせ。でも、その口ぐせひとつで幸せになれる人となれない人が決まってしまうとしたら……?
    テレビ出演多数の人気臨床心理士が、幸せを引き寄せる口ぐせの数々を、脳への効果や医学的理論を基に解説。「ハード・トゥー・ゲット・テクニック」「ピグマリオン効果」「バックトラッキング」「クッション話法」「アイメッセージ」など、心理学の手法を使ったわかりやすい解説で、「チャンスをつかめる口ぐせ」「美人になれる口ぐせ」「幸せになれる口ぐせ」などを紹介します。

    「幸せを引き寄せる「口ぐせ」の魔法」

    ⇒バックナンバー一覧