ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2011年5月31日
著者・コラム紹介バックナンバー

ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事術【後編】
外資系の部長もユニクロでは役に立たない!?
ユニクロ流「プロフェッショナルマネジャー」5つの条件

1
nextpage

これまでのマネジメントスタイルは通用しない!困難な時代を「チーム」で乗り越えるために、ユニクロ社内で徹底されている5つのキーワードから、逆境に強い組織のヒントを得る。

これまでのマネジメントスタイルは通用しなくなっている

 近年、ますますマネジメントが注目され、マネジメントを扱った本もベストセラーとなっていますが、それは、従来の「管理」というマネジメントスタイルの行き詰まりを表しています。

 これまで以上にスピード経営が求められる時代、階層で区分けされ、命令によってそれぞれの部署が個別に動いているだけではとても追いつけない状態になっています。

 組織やチームがアメーバのようにくっついたり離れたりしながら、有機的に連動していくような組織の中では、これまでの管理型スタイルでは太刀打ちできないのです。

 さらに、世代や時代も変わり、社員のモチベーションのあり方にも変化が出てきたこともあるでしょう。

 また、指示出しするだけで十分だった管理職が不要となり、中間管理職がプレイングマネジャーとしてマネジメントと実務を兼務するという事態にもなっています。

 少ない人的リソースを有効活用しながら、マネジャーは成果を出すことが求められているわけです。

 ユニクロは「最低限の人数・時間で最大限の成果をあげる」超効率経営を目指しています。

 社員数は売上規模からいえば圧倒的に少なく、一人当たりの生産性は非常に高いともいえますが、一方で一人ひとりの負担はかなり大きくなります。

 その中で、マネジャーに求められているのは、部下の成績を緻密に管理することでも、細かく指示を出してコマのように動かすことでもなく、周りを巻き込みながら、チームとして、組織として成果を出していくという発想なのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/18~6/24)




エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧