ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄 未曾有の大災害 日本はいかに対応すべきか

貿易赤字の定着という経済構造の大変化

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第15回】 2011年6月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 4月の貿易収支は4637億円の赤字だったが、5月30日に公表された5月上旬の貿易赤字は、これより拡大して6464億円となった。日本の貿易構造が東日本大震災によって大きく変わったことを、これらの数字が示している。

 貿易収支の赤字は、今後どの程度の期間にわたって継続し、どの程度の規模になるのだろうか? これを考えるにあたって、貿易収支赤字化要因のうち、今後比較的早期に克服できるものと、かなりの長期にわたって継続するものを区別する必要がある。

サプライチェーンが復活しても電力制約があるので、
輸出の回復には限界がある

 2008年以降の輸出輸入の推移を示すと、【図表1】のとおりである(ここには、季節調整済みの値を示している)。

 輸出は、リーマンショック後大きく落ち込んだが、09年2月を底として回復した。しかし、10年4月頃で頭打ちとなり、それ以降は10年10月頃まで下落気味であった。その後再び上昇しつつあったが、東日本大震災によって急激に減少した。

 下落の原因は、いうまでもなく、震災で生産設備が損壊し、またサプライチェーンが寸断されたためである。輸出の中身を見ると、自動車の落ち込みが顕著だ。

 輸出総額の対前年同月比は、3月がマイナス2.3%、4月がマイナス12.5%、5月上旬がマイナス13.6%であり、下落率は拡大しつつある。つまり、5月上旬までの数字には、輸出回復の兆しは見られない。

 しかし、輸出減少の原因が生産設備の損壊にあるため、設備の復旧が進むにつれて、輸出は回復するだろう。供給能力自体は、遅くとも今年一杯、早ければ秋頃には、震災前の水準まで回復するだろう。

 ただし、そうであっても、輸出額が震災直前の水準(11年2月頃の水準)に回復するのは難しいだろう。そう考えられる理由は2つある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄 未曾有の大災害 日本はいかに対応すべきか

3月11日に発生した東日本大震災。その人的被害が凄まじいのはもちろんのこと、その後の日本経済に対しても長期的に深刻な問題を与えることが懸念される。こうした状況を乗り越えるために、日本はどう立ち上がるべきなのか。

「野口悠紀雄 未曾有の大災害 日本はいかに対応すべきか」

⇒バックナンバー一覧