ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
がんばらない介護
【第21回】 2017年4月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
橋中今日子

ケアマネジャーに
「もう無理!」と本音を伝える
介護保険制度やサービスを使いこなす方法8

1
nextpage

なんとなく不安を感じながら、先送りしたくなる「介護」の問題。しかし、内閣府の発表によれば、介護保険制度で「要支援」「要介護」と認定された人は2013年度末で約570万人にのぼり、日本は、「誰もが介護し、介護される」“大介護時代”に突入しています。いざ介護の問題に直面すると、いろいろ調べる余裕もないまま、目の前のことに翻弄されるばかり。そこで、介護認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護し、ブログ「介護に疲れた時、心が軽くなるヒント」を通じて介護する人たちの悩みを解消してきたリハビリの専門家(理学療法士)が、 いざという時に困らない「介護の心を軽くするコツ」を紹介します。

(c)清水貴子
橋中今日子(はしなか・きょうこ)
理学療法士。リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学やコーチングを学ぶ。自身の介護体験と理学療法士としての経験、心理学やコーチングの学びを生かして、介護と仕事の両立で悩む人、介護することに不安を感じている人に「がんばらない介護」を伝える活動を全国の市区町村で展開中。企業では、介護離職防止の研修も担当。ブログ「介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント」では、「介護をしていることで、自分の人生をあきらめないで!」「あらかじめ対策を知っておくことで、問題は回避できます!」といった介護疲れを解消し、心がラクになる情報を発信中。NHK、TBSほか、テレビやラジオでも活躍中。

「脳梗塞で片マヒになった母の介護と仕事の両立で疲れ果てました。ある日、張りつめていた糸がプツンと切れて、ケアマネさんに“私、もう死にたいです”と泣きながら訴えたんです。母は要介護2だったので、特養には入れないと言われていたんですけど、いろいろ奔走してくださって、運よく入所できました」

東京在住のBさん(30代女性・会社員)は、母1人子1人の家庭で育ちました。

女手1つで自分を育ててくれた母親は、Bさんにとってたった1人の家族。忙しい中、認知症になった母親を、がんばって介護していました。

しかし、今まで家事を担当し、Bさんを応援してくれていた母親ではありません。
会話もスムーズではなく、意志の疎通がうまくいかないこともしばしばです。

1人っ子できょうだいもいないため、知らず知らずのうちに無理を重ねていたのでしょう。
冷静なキャリアウーマンだと思っていたBさんが取り乱す姿を見て、ケアマネはとても驚いたそうです。

そこで、在宅介護は限界だと判断し、地域包括支援センターと相談して空きのある特別養護老人ホーム(特養)を見つけてくれたのでした。

介護から解放されたBさんは、生活のペースを取り戻し、特養で暮らす母親のもとへ、しばしばお見舞いに出かけています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/18~6/24)



理学療法士
リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学やコーチングを学ぶ。自身の介護体験と理学療法士としての経験、心理学やコーチングの学びを生かして、介護と仕事の両立で悩む人、介護することに不安を感じている人に「がんばらない介護」を伝える活動を全国の市区町村で展開中。企業では、介護離職防止の研修も担当。ブログ「介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント」では、「介護をしていることで、自分の人生をあきらめないで!」「あらかじめ対策を知っておくことで、問題は回避できます!」といった介護疲れを解消し、心がラクになる情報を発信中。NHK、TBSほか、テレビやラジオでも活躍中。


がんばらない介護

リハビリの専門家(理学療法士)であり、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護してきた橋中今日子さんが、3/16配本の著書『がんばらない介護』の中から、DOL読者にふさわしい10項目をピックアップして紹介する。また、母親の在宅介護を経験した作家・落合恵子さんとの4回にわたる「介護と仕事の両立」をテーマにした対談も掲載。

「がんばらない介護」

⇒バックナンバー一覧