ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
業界別 半年先の景気を読む

30万部を超えた大ベストセラー作家!
旧皇族 竹田恒泰氏が語る
今だから伝えたい日本の価値の高め方

小林昇太郎 [船井総合研究所 経営コンサルタント、富裕層ビジネス研究会主宰]
【第72回】 2011年6月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

今回は、作家であり、旧皇族で明治天皇の玄孫にあたる竹田恒泰さんに、今後の日本のあり方についてお話を伺った。3.11に東北を襲った大震災、この問題を1日も早く解決し、日本が復興を遂げるために必要なことは何か。それを考えていく上で、そもそも日本とはどういった国なのか、どのような国民性を持っているのか。日本という国が、世界の中でその強みを最大限に活かし、発展し続けていくために必要なこととは…。竹田恒泰さんから発せられる言葉の一つ一つは、それを考えていく上で、我々日本人に大きなヒントを与えてくれると確信した。(聞き手/船井総合研究所:小林昇太郎、撮影/蛭間勇介)

なぜ日本人は自国を愛せないのか
ベストセラー書籍に綴った日本への想い

小林 竹田さんについては以前から存じ上げていましたが、少し前、大阪出張の帰りに駅の書店で、竹田さんが今年出版され、30万部を突破した『日本はなぜ世界で一番人気があるのか』という本を手にしました。私自身、約3年前に富裕層ビジネス研究会を立ち上げましたが、その時の思いや普段から考えている事と共通の部分も多く、大変共感して東京に着くまでに一気に読み通したのを覚えています。そのすぐ後、ある知人の方から竹田さんをご紹介いただく機会があり、そのご縁に驚いています。

作家・慶應義塾大学講師(憲法学)。昭和50年、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。慶應義塾大学法学部卒業。憲法学・史学の研究に従事。平成18年に著書『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で山本七平賞を受賞。その他著書に『エコマインド~環境の教科書』(ベストブック)、『皇室へのソボクなギモン』(扶桑社、共著)、『旧皇族が語る天皇の日本史』(PHP新書)などがある。また、本年度は『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(PHP新書)が発行部数30万部を突破。

竹田 ありがとうございます。

小林 3.11の震災後、日本国内では閉塞感が漂っていますが、竹田さんのご著書の中では、一歩海外に足を踏み出すと、国内で蔓延している「自信がない国」や「自己卑下する国」のイメージはないとおっしゃっています。世界の人たちは日本人を尊敬しているし、日本の製品であったり、仕組みであったり、日本に対して強い憧れや尊敬の念を持っている。「まだまだ日本も捨てたものではない」と書かれている点に特に共感を覚えました。まずはそのあたり、つまり執筆をされた時の「思い」をお聞かせいただきたいのですが。

竹田 日本人は自分の事を良く言うことを恥ずかしがる。「僕はこんなにすごい」となかなか言えなかったり、何かプレゼントをする時も「つまらないものですが…」と言ったりするように、日本人が日本の事を絶賛する事ってあまりないですよね。本屋に行けば日本の悪い点ばかりが強調されていますし、ここはあえて自画自賛しちゃえと、この本を書いたわけです。

小林 なるほど、確かにその通りですね。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小林昇太郎 [船井総合研究所 経営コンサルタント、富裕層ビジネス研究会主宰]


立教大学大学院 経営管理学修了。「日本をはじめ、世界の富裕層ビジネスの今を知ることが富裕層ビジネ スへの参入だけでなく、日本の多くの経営者の抱えている既存・新規ビジネスへの経営課題をも解決する」と考え、2009年4月、富裕層ビジネス研究会を立 ち上げる。研究会には、国内だけでなく東南アジア、香港、中東など海外から研究会への入会も多く、研究会からいくつもの新規事業を立ち上げている。多方面に渡るネットワークを国内外に持ち、それを活用しながら日本とアジアをつなぐビジネスプラットフォーム構築を船井総研の中で手がける。
著書:『ビリオネアビジネスの極意』(KKベストセラーズ)他。

富裕層ビジネス研究会 サイト

アジア進出.com~業種とテーマに精通する船井総研だからこそのアジア進出サポート

 


業界別 半年先の景気を読む

不透明な経済状況が続き、半年先の景気を読むことさえ難しい日本経済。この連載では、様々な業界やテーマで活躍する船井総研の専門コンサルタントが、業界別に分析し、半年先の景況感を予測していきます。

「業界別 半年先の景気を読む」

⇒バックナンバー一覧