ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2011年6月21日
著者・コラム紹介バックナンバー

なぜ営業は
「プロフェッショナル化」せねばならないのか?
――ビジネス・ブレークスルー大学学長 大前研一

1
nextpage

「あなたは営業のプロフェッショナルですか?」こう問われて、自信をもって「イエス」と答えられる人はどれくらいいるでしょうか? この度、すべての迷える「営業」に向けた書、『大前研一と考える 営業学』を上梓しました。その一部を要約して紹介しましょう。

営業における「プロフェッショナル」とは何か?

 世界じゅうのビジネス・リーダーたちの先生であったピーター・F・ドラッカーは、かつて次のように述べています。

 「花形社員の給料がマネジャーよりも高くても、それがおかしいとか、望ましくないとか考えてはならない。このことは営業担当者にもいえる。成績優秀な営業担当者の給料は、営業マネジャーより高くてもかまわない」

 ドラッカーは、業績が一個人の能力やスキル、努力に依存するプロフェッショナルの場合、社内一高い報酬をもらうのは社長やCEOである必要はなく、ましてや上司より高い給与をもらっても当然であるという考え方の持ち主でした。

 この点については、私もまったく同感です。実際、プロフェッショナルの世界は実力主義である以上、報酬は成果主義であるべきです。とはいえ、ドラッカーの言葉を聞いて、素朴な疑問が一つ浮かんできます。

 「営業は、はたしてプロフェッショナルといえるのだろうか」

 私は拙著『ザ・プロフェッショナル』(ダイヤモンド社)のなかで、プロフェッショナルとアマチュアを分けるものは「顧客主義」であり、これは高い専門性や倫理観などの一般的な要件にもまして重要であると申し上げました。その意味において、ほとんどの日本企業の営業は、アマチュアの域を脱していないといわざるをえません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)




エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧