ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
英語で一流を育てる
【第3回】 2017年5月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
廣津留 真理

子どもに英語を
「ABC」から教えても
上達しない理由

1
nextpage

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4~18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が本日発売される。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか? 

「みんな順番が逆!」の意味

 みなさんは、こんな幻想をお持ちではないでしょうか?

「ABCから順番にコツコツとやっていけば英語ができるようになる」

 そんな幻想はいますぐ捨てましょう。でも、

 「アルファベットも知らない子どもに、
 いきなり高校1年生レベルの文章を読ませる?!
 そんなのムリムリ!」

 そう思っていませんか?

 みなさんご存じでしょうか?
 子どもの関心は、「難しい」とか「難しくない」にはないのです。

 そんなこと、子どもは気にしていません。
 子どもがいつも気にしているのは、

「ママやパパは、
 自分のやっていることを
 全面肯定してくれるのか?
 それとも自分は、否定されてしまうのか?」

 ただそれだけ!
 そこにしかありません!

 親は子どもによかれと思うことをやっている、だから親はエライ、と思っているかもしれませんが、それは逆です。

 親が喜ぶことをするのが小さい子どもなのです。
 いつも親の表情や動きからあらゆることを敏感に察しています。
 親がハッピーになってくれるから、言われたとおりに懸命にやっているのです。

 ですから、大人にとってどんなに難しく見えることも、子どもはらくらくクリアします。
 難しいと思うのは親だけ。

 親のそんな苦手意識が子どもに伝染してしまっては大変です。
 たとえば、5歳のわが子に「decision(決定)」という単語を覚えてもらうとします。

 そのとき親が、
「この子にdecisionなんてわかるはずがない」
「まだ小さいのにかわいそうではないか」
「どうせ中学校で習うから、真剣にやらなくてもいい」
 などと心のどこかで不信感を募らせながらやらせていたら、その時点で、子どもはあなたの本心をすべて察しています。

 その結果、子どもは「decision」を覚えられないのです。

 decisionがわからないのは、当時5歳だったあなた自身です。
 いまここにいるあなたのお子さんではありません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    一流の磨き方

    一流の磨き方

    浜野安宏 著

    定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    「一流」とは、上流でも、中流でも、下流でもない。お金で買える高級品でもない。一流とは「とらわれない力」であり、孤独であり続ける力。膨大な「経験」に裏打ちされて、しっかり底光りするものであり、仕事や遊びの時間と質が、人を本物へと磨き上げるものである。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    廣津留 真理

    ひろつる・まり/ブルーマーブル英語教室主宰、一般社団法人Summer in JAPAN設立者。これまで英語教室(大分県)で3000人の生徒を教える傍ら、そのノウハウを活用し、長女のすみれが18年間塾なし、小中高12年間の学費わずか50万円で、地方の公立小中高校から2012年にハーバード大学へ現役合格。卒業論文で最優等の成績を収める(現在、ジュリアード音楽院在学中)。幼児(4歳)から大学受験生(18歳)までが一緒に学ぶ無学年制の画期的な英語スクール、国際交流とグローバル人材育成サマースクール、「親力」を養うワンコインセミナーを3本柱に活躍。独自の「ひろつるメソッド®」は、「はじめから難易度の高い本物の英語を教える」という逆転の発想のもと、週1回たった75分のレッスンで、小学生でも大学入試レベルがスラスラ読めるメソッドが話題。文法無視、和訳しない、書き取りしない「英語4技能(読む・聞く・話す・書く)一体化教育」が定評を得ている。


    英語で一流を育てる

    3000人に実証済!1日たった5分の「奇跡の勉強法」初公開!
    「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格!地方公立からハーバード合格!英語4技能(読む・聞く・話す・書く)が1冊に凝縮!2020年からの小学校英語科目化も、これさえあれば万全!衝撃!最新ハーバード生200名リサーチに見る成功の秘密!なんと!日本で初めての12歳以下向け英語4技能学習法。本邦初!12歳以下のモチベーションが上がる家庭学習法!
    【プレミアム特典】ハーバード生が心をこめてつくった「英語4技能」がらくらく身につくプレミアム動画付き豪華3点セット。英語で一流を育てる「モチベーションとノウハウ」を初公開!

    「英語で一流を育てる」

    ⇒バックナンバー一覧