ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
石黒不二代の勝手に改革提言!ニッポンの新しい教育

「苦手」克服vs.「得意」を磨く
どちらの教育が子どもを伸ばす?
インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢
設立準備財団 小林りん代表理事×
ネットイヤーグループ 石黒不二代社長 対談【前編】

石黒不二代 [ネットイヤーグループ代表取締役社長兼CEO]
【第3回】 2011年7月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「知識重視型」から「経験重視型」へと舵を切り、開始された“ゆとり教育”。現在、廃止の方向へ進んでいるものの、その弊害によって競争や変化を好む子どもが急激に減少しているといわれる。そんななか、軽井沢で日本初の全寮制インターナショナルスクールの設立を目指し日々奔走しているのが今回のゲスト、インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢設立準備財団代表理事の小林りん氏。日本の高校を1年で退学し、単身バンクーバーのインターナショナルスクールへ留学した経歴を持つ、リスクや変化を楽しむ生き方を地でいく人物だ。東京大学を卒業後、社会人になってからもう一度渡米。スタンフォードの大学院で教育学の修士を取得している。

今回は、そんな挑戦を続ける小林氏と、スタンフォード・ビジネススクールへ留学し、アメリカで子育てをしてきたネットイヤーグループ石黒不二代社長の2人に、日本を飛び出して初めて分かった、日本人が気づかない日本教育の問題点を聞いた。(聞き手/ダイヤモンド・オンライン 林恭子、撮影/宇佐見利明)

高校1年から受験戦争に疑問を感じる
1年で中退し、単身カナダへ留学

――日本の高校を1年で中退して、カナダ・バンクーバーのインターナショナルスクールへ留学した小林さん。中退までして留学したきっかけは何だったのですか。 

こばやし・りん/インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢 設立準備財団 代表理事。1993年に東京大学経済学部を卒業、2005年に米スタンフォード大学国際教育政策修士号を取得。モルガン・スタンレー投資銀行部門やベンチャー企業経営などを経て、国際協力の分野に転身。国際協力銀行で円借款業務を担当、その後、国連児童基金にてフィリピンで貧困層の非公式教育に携わる。 2009年4月より現職。

小林 私が通っていた日本の高校はわりと自由な校風で、とても気に入っていました。でも1年生の夏休み前の面談のときに、先生から「あなたは化学の成績をもっと伸ばさないと、東京大学は難しい」と言われたんです。受験のために学校に来ているわけではなし、しかも入学したばかりの時期にそんなこと言われたので、理解できなくて…。それからは悶々と毎日を過ごしていました。

 ところがそんなときに親が、「そんな杓子定規な考え方に捉われないで、海外へ行ったほうがいいんじゃないの」と言ってくれて。それで、留学を決めました。父は起業家精神のある果敢な生き様の人で海外志向が強く、母は世のため人のために働く人。そんな2人ですから、とても応援してくれました。

 とはいえ、当時は2人とも地方公務員でしたから、お金は出してくれません。奨学金をとってきたらいいよというので探していたら、たまたま学校に、「全額奨学金、生活費も2年間無償」と書いてある留学生募集の紙が貼ってあったんです。親に話したら、「タダ?今より安くなっちゃうよ!どうぞ、どうぞ」と、二つ返事で了解してくれましたね(笑)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石黒不二代 [ネットイヤーグループ代表取締役社長兼CEO]

スタンフォード大学にてMBA取得後、シリコンバレーにてハイテク系コンサルティング会社を設立し、日米間の技術移転等に従事。2000年よりネットイヤーグループ代表取締役として、ウェブを中核に据えたマーケティングを支援し独自のブランドを確立。

石黒不二代の勝手に改革提言!ニッポンの新しい教育

グローバル化が急速に進む今、世界で通用する競争力を持ち、リスクや変化を恐れずに活躍できる人材が渇望されている。しかし、日本はそうした人材を十分に育てられない環境下にある。今後、世界で活躍できる人材を育てるにはどのような教育改革が必要か。子どもの教育、社会人教育の両面から、その答えを探っていく。

「石黒不二代の勝手に改革提言!ニッポンの新しい教育」

⇒バックナンバー一覧