ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本を脱出する方法
【第4回】 2011年8月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
安田 修 [「海外移住情報」主催者]

移住先・国選びのポイント

1
nextpage

日本から脱出しようと思っても、どの国に行ったらいいのか、すぐにイメージできる人はなかなかいないだろう。国選びは、経済的な制約もあるし、海外移住の目的によっても違ってくる。海外移住の情報提供・支援の第一人者、安田修氏は「どの国にするかよりも、どの街にするかが大事」という。では、具体的にどうやって選べばいいのか――。

どの国にするのかよりも
どの街に住むのかのほうが大事

 「移住するなら、大好きなこの国」とこだわりをもって決めている人もいれば、まったく白紙の状態の人もいる。

 国の好みについては人それぞれ。たとえ大好きな国があったとしても、物価や査証などの諸条件によって異なる国に変更せざるをえない場合も多い。

 ポイントとなるのは、国選びよりもむしろ街選びといったほうがいいだろう。同じ国でも地域によって異なる民族が居住している場合もあったりする。日本でも北海道と沖縄では随分と違うように、海外諸国では街が変わると、まるで違う国に来たような印象になるのはごく普通のことだ。

 メキシコを例にしてみると、首都の「メキシコシティ」は大都会であるがゆえに治安に不安な部分も多く、大気汚染で知られている。

 しかし、メキシコシティから南へ75キロほど行くだけで、日本人に人気の「クエルナバカ」がある。富裕層の別荘地として知られ、平均気温20度の常春の気候も大きな魅力となっている。

 また、メキシコシティからバスで5時間ほど行くと、コロニアル都市の中でも最も美しい高原の町「グァナファト」に到着。常春の気候や石畳の道、中世の城郭などの町並みは情緒たっぷり。国際的観光都市のため訪れる日本人も多く、芸術や学生の町としても知られている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


安田 修 [「海外移住情報」主催者]

1958年神戸市生まれ。ルポライター、広告代理店プランナー(大手旅行会社等担当)などを経て、現在はフリーライターとして活動。2000年に開設したWEBサイト「海外移住情報」は、海外移住マニュアルのパイオニアとして“移住ブーム” の火付け役となった。2009年8月、東京から沖縄の那覇に転居。著書に『日本脱出マニュアル』(羊土社)、『アジアで起業!読本』(情報センター出版局)などがあり、移住を通じての“人の在り方”にこだわり続けている。
【海外移住情報】http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation


日本を脱出する方法

3月11日に日本を襲った東日本大震災。その際起きた原発事故は、いまだ収拾のメドが立っていないばかりか、放射能汚染の影響はいまや日本中に拡大している。さらに、財政悪化による増税、経済停滞とリストラ、日本社会の閉塞感など、なんとなく日本では生きづらいと感じる人が増えているという。『日本を脱出する本』を上梓した安田修氏に、海外移住の動向と簡単にできる方法などを聞く、全5回の短期集中連載。

「日本を脱出する方法」

⇒バックナンバー一覧