ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

グーグルが目指すケータイの創造的破壊と実効支配
「Google+」というスマホ時代の巧妙な仕掛け

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第3回】 2011年7月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

 Googleはこれまで、ユーザインターフェースの作り込み等に時間をかけるよりも、ベータ版と呼ばれる未完成品をいち早く投入して、ユーザの声を聞きながら改良を進める開発手法を採ってきた。それに比べると、今回は例外的といえるくらい、完成度が高い。

 おそらくはGoogle+の開発に、相当の時間を費やしたのだろう。実際、その設計を担った人間が、サービス開始前にそのコンセプトを発表しようとしてGoogleに止められたり、またfacebookに移籍したという。そんなことが可能なくらい、水面下で準備を進めてきたということである。

 次に、Google+には広告がない。私自身が確認した限りではあるが、どこをどう探しても、現時点では広告にたどり着くことはない。利用者の記事文中に埋め込まれたYouTubeの画像にも、広告は付けられていない。

 もちろんこれは「今のところ」という話なのかもしれないし、広告のないGoogleのサービスは他にもある。とはいえ、同社のメールサービスであるGmailには広告が挿入されていることからも分かるように、本来であればその素地は整っている。

 広告は、Googleの収益を支えるビジネスモデルの根幹である。またfacebookでも広告が盛んであるように、ソーシャルメディアとの親和性もある。そうした中で、あえて広告が見当たらないというのは、率直に何らかの意志を感じる。

 仮にGoogle+がこのまま将来にわたって広告を掲載しないとすると、それはGoogleがGoogle+を用いて新たなビジネスモデルを準備している、とも考えられる。それを読み解くカギは、3つめの特徴にある。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧