ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
僕らの「人生交差点」~アフター3.11を生き抜く究極の二者択一

ネット世代の若者や主婦、会社員が5万人集結!
反原発デモに“ふつうの人々”が急増した理由

西川敦子 [フリーライター]
【第8回】 2011年7月29日
1
nextpage

 7月23日の高速鉄道事故をめぐり、目下展開中の「中国政府」vs.「インターネットユーザー」のバトル。だが、政府の劣勢は誰の目にも明らかだ。マスコミを経由せず、強力な世論を生み出していく「ふつうの人々」に、拍手喝采する日本人は多い。

 だけど、ちょっと待ってほしい。ここ日本でもつい最近、同じような出来事が起きているぞ?6月11日に行われた「6・11脱原発100万人アクション」。フェイスブックやツイッターで情報が広がり、新宿アルタ前に約2万人が集まったことは記憶に新しい。

 これまでデモといえば、はちまきやシュプレヒコールが付きもので、一般人からすると「ちょいと物騒」なイメージも漂っていた。ところが、この日はごく普通の主婦や会社員が多数参加。ロック演奏家やちんどん屋を先頭に練り歩くなど、一風変わったスタイルも話題となった。

 「集団ヒステリー」「単なるお祭り騒ぎでは?」などなどの批判がある一方、賛同の声も高かった反原発デモ。大手マスコミにはあまり取り上げられなかった当日の模様を検証してみると、日本の「ふつうの人々」のあきらかな変化が見えてきた!はたして、この国における「ネット発世論」の動きは、いまどこへ向かおうとしているのか?

 デモを主催したリサイクル店主、松本哉さんに話を聞いてみた。

今回のお題
「近頃、なんか増えてる気がするデモ活動。ハタ迷惑なバカ騒ぎ?それとも自分も参加する?」

松本哉(まつもと・はじめ) 1974年東京都生まれ。リサイクルショップ「素人の乱5号店」店主。法政大学在学中の96年、「法政の貧乏くささを守る会」結成。リサイクルショップ開店後も、「3人デモ」「俺の自転車返せデモ」「家賃をタダにしろデモ」など珍妙なデモを次々に主催。著書に『貧乏人大反乱』(アスペクト刊・写真)など。次の「反原発デモ」は8月6日。銀座、有楽町で開催予定

全共闘世代のデモとは異なる?
ツイッターやフェイスブックが物足りない若者たち

 今回のデモは、全共闘世代のデモとは本質的に違っている――まずそう前置きした松本さん。

 「当時のデモっていうのは、まず組織があって理念があって――というのが基本でしたよね?参加者も動員されてきた人たちがほとんどだった。みんなが叫ぶシュプレヒコールも、組織で掲げる大目標だったり……」

 その点、今回のデモは、「反原発」という目標は一緒でも、言い分は人によってまちまちだった、という。

 「『自分の地域に放射能が飛んできたらイヤだ』とか、『住み慣れた土地を離れたくない』とか、『利権問題だけは見過ごせない』とかね。ノリだってもうほんとバラッバラ。演説してる人。楽器を演奏し始める人。行進が終わって缶ビールを開けてる人。遊んでいる子どもたち。見ていて、こりゃなかなかいいぞと思いました。

nextpage
slecial-information
関連記事

DOLSpecial

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


僕らの「人生交差点」~アフター3.11を生き抜く究極の二者択一

日本のシステム、人々の価値観を大きく揺るがせた東日本大震災。日本社会はこれから深刻な混迷期に突入するかもしれない。アフター3.11をどう生き抜けばいいのか。「絆」によって乗り越えるのか、それともあくまで「戦う」のか。この連載では、“問題の現場”を知る2人のインタビュイーが登場。対立する立場から、混迷期のサバイバル術を語ってもらう。

「僕らの「人生交差点」~アフター3.11を生き抜く究極の二者択一」

⇒バックナンバー一覧