ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今を楽しむ
【第1回】 2017年7月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
矢作直樹

「ひとり」でいるほうが良い3つのメリット

1
nextpage

昨年3月に長年勤務していた東大病院という組織を離れ、現在はどこにも所属することなく、「ひとり」という状態を満喫している矢作直樹医師が、新刊『今を楽しむ』で率直に語った、「ひとりは寂しい」という世間の思い込みに振り回されることなく、ひとりであるという自由な時間を有意義に過ごす秘訣を紹介します。

ひとりは寂しい、は思い込みに過ぎない

矢作直樹(やはぎなおき) 1956年、神奈川県生まれ。81年、金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、内科、手術部などを経験。99年、東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。2001年、東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長となり、15年にわたり東大病院の総合救急診療体制の確立に尽力する。16年3月に任期満了退官。 著書には『人は死なない』(バジリコ)、『天皇』(扶桑社)、『おかげさまで生きる』(幻冬舎)、『お別れの作法』『悩まない』『変わる』(以上、ダイヤモンド社)など多数がある。
撮影:松島和彦

 昨年3月、私は15年間勤務していた東大病院を任期満了退官しました。

 所属していた組織を離れ、心の同志はいますが、物理的には「ひとり」で住んでいます。

 そんな、ひとりという状況で浮かぶのが、「孤独」という言葉です。

 一般的には、孤独にはネガティブなイメージで語られる面があります。その筆頭が「寂しい」イメージですが、「ひとりは寂しい」という一方的な感情を、私たちは幼い頃から他人に刷り込まれてしまってはいないでしょうか。

 私は現在、何よりも自由という喜びを感じています。その自由には、責任の所在も含まれています。

 いいことも悪いことも自分の責任である、ということが心地いいのです。

 これは「自立」と言い換えることもできるかもしれません。

 日々のすべてが自分の裁量というのは大きいことです。時間の使い方にしても、お金の使いみち、食事の選択にしても、すべてが自分の裁量にまかせられているのはありがたいものです。

 もっとも、病院に勤務していた時にも、直接干渉されるようなことはありませんでしたから、昔から自由にしていたといえばそうなのですが。

 しかし、何といっても、ひとりの時間の思考には一切の遠慮がいりません。すべてを自分本位に考え、素直に感じることができます。自分にどこまでも正直になれます。

 実は、意外にも組織にいたほうが、人は相対的にひとりを感じやすいものです。組織に適合してしまえればそう感じることはないでしょうが、適合できない、合わない、と思う時に、人はひとりだと感じるものです。

 ひとりとは、実は比べるものがあって初めて相対的に感じるものであり、はじめからひとりでいると自覚していれば、それは絶対的なものとなり、だからどうだと感じることはなくなるものです。

 私自身、現在は物理的意味ではなく意識としてひとりだと思っています。非常勤で大学に行くことはありますが、たとえ今、どこかの組織からお誘いが来たとしても、当面は考えていません。組織というのは宗教と一緒で、そこに組織の論理が働きます。そこで自分の意見を変えないといけないようなことがあっては困るからです。
 とりあえず私は、どこにも属さず、ひとりである今に何の不自由も感じていません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    矢作直樹(やはぎ・なおき)

    1956年、神奈川県生まれ。81年、金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、内科、手術部などを経験。99年、東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。2001年、東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長となり、15年にわたり東大病院の総合救急診療体制の確立に尽力する。16年3月に任期満了退官。


    今を楽しむ

    どこの組織にも所属することなく、ひとりで暮らしている……そんな状況を人は「孤独」と思うのかもしれません。孤独というと、「ひとりは寂しい」などと、とかくネガティブなイメージを抱かれがちですが、それは世間から刷り込まれてきた思い込みにすぎないのではないでしょうか。ひとりという現状に、寂しさを感じるどころか、むしろ自由という喜びを感じているという医師が、やみくもにひとりになることを怖がり、明日の孤独死に不安を抱いて過ごしている人々に向けて贈る、ひとりであるからこそ得られる楽しみや喜びをしっかり感じて今という時間を有意義に生きるためのアドバイス。

    「今を楽しむ」

    ⇒バックナンバー一覧