ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
出口治明の提言:日本の優先順位
【第17回】 2011年8月9日
著者・コラム紹介バックナンバー

若い人が子どもを生まないのは国の責任。
駅に24時間営業の保育所を!

1
nextpage

 人間は動物である。動物の一丁目一番地は、次の世代に命を引き継ぐことにある。すなわち、子どもを産みたい人がいつでも自由に子どもを産み、安心して子育てができる社会が人間の理想の社会だと考える。ひるがえってわが国の現状はどうか。これだけ少子化に悩みながら、たとえば保育所待機児童数については3年連続で増加している。なぜ、保育所待機児童の解消のような簡単なことが実現できないのだろうか。

 6月17日に公表された「子ども・子育て白書」を読むと、少子化対策として必要な処方箋はほとんど網羅されていると思われる。一般論として、この国の経済・社会が低迷を脱しきれない根本原因は、「分析の不足」にあるのではなく、決定的に「実行力が不足」していることに求められるのではないだろうか。

 ともあれ、「子ども・子育て白書」が指摘した問題点を踏まえて、子どもを産み、育てやすい社会を創っていくための政策の柱を考えてみよう。「子ども・子育て支援」の重要性は、社会保障・税一体改革成案の筆頭に置かれていることからも明らかであるのだから。

少子化の最大の要因は、
若い世代の非正規雇用の増加と低所得化である

 子育て世代の所得分布を見ると、30代では、1997年には年収500万~699万円層が最も多かったが、2007年には300万~399万円層が最多となっており、この10年間のわが国の若い世代の低所得化には凄まじいものがあることが読み取れる。この低所得化が未婚化・晩婚化をもたらし、少子化の最大の要因の1つになっている。低所得化の原因が非正規雇用の増加にあることは明らかだと思われるが、その抜本対策としては前回の当コラムで提言したように、成人した子どもの自立(家を出る仕組み化)と雇用市場の流動化が不可欠であろう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)




出口治明の提言:日本の優先順位

東日本大地震による被害は未曾有のものであり、日本はいま戦後最大の試練を迎えている。被災した人の生活、原発事故への対応、電力不足への対応……。これら社会全体としてやるべき課題は山積だ。この状況下で、いま何を優先すべきか。ライフネット生命の会長兼CEOであり、卓越した国際的視野と歴史観をもつ出口治明氏が、いま日本が抱える問題の本質とその解決策を語る。

「出口治明の提言:日本の優先順位」

⇒バックナンバー一覧