ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
証券会社が売りたがらない米国債を買え!
【第1回】 2011年8月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
林 敬一

米国債の格下げにダマされるな! 

1
nextpage

7月末から8月にかけて、米国債はデフォルトの危機と騒がれ、格付会社が格下げを実施するなど、大きな動きがありました。しかし、実は、米国債は「減らしたくない、でも増やしたい」「外貨建て資産を持ちたい」という方にとって魅力ある商品です。そこで新刊『証券会社が売りたがらない米国債を買え!』の著者であり、債券のプロである林敬一さんに米国債について聞きました。連載1回目は、デフォルト&格下げ騒動の受け止め方です。

続けられたバーベキューパーティ

 7月末から8月初旬まで、世界の株式市場は大荒れでした。

 最大の原因は米国債のデフォルト騒ぎと、格下げです。私の本、『証券会社の売りたがらない米国債を買え!』は7月末に校了を迎え、8月の第1週は印刷を開始する時期で、出版社は肝を冷やしたようです。

 内容に変更の必要はないのか?

 印刷は止めなくて大丈夫か?

 一方私はデフォルト騒ぎの継続する中、7月30日に日本を経ち、2週間の予定でNY郊外のコネチカット州スタンフォードのアメリカ人友人宅に滞在していました。彼はヘッジファンドの聖地スタンフォードで債券運用のファンドマネージャーをしています。社員100人を超える結構な規模のヘッジファンドです。

 日本を経つ直前に編集者からの依頼で、万が一デフォルトした場合のことを加筆してほしいとのこと。大至急で書いた内容は、デフォルトはしません。たとえしたとしてもそれはボクシングでいうスリップダウンで、判定には影響しませんという趣旨の文章でした。

 その後、8月2日のデフォルト期限は無事通過したものの、8月5日のS&Pによる米国債の格下げがあり、株式相場は暴落し、リーマンショックの再来かというコメントや報道まで現われる始末。株式相場はまるでジェットコースターの様な一週間になりました。

 債券(フィクストインカム)の専門家はその様子をどう見ていたのでしょうか。

 格下げのニュースが入った金曜日の夕方、私は友人宅でバーベキューパーティの最中でした。彼と私の話し合いの結論は、

 「こりゃー株はひと波乱だな。でも米国債はむしろフライト・トゥー・クオリティ(質への逃避)で買われるな

 というもので、家族と一緒にバーベキューを楽しみました。

 果たして週明けの株式相場は634ドル安。しかし肝心の米国債は猛烈な勢いで買われ、格下げなどどこ吹く風です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


林 敬一

1973年慶応大学経済学部卒業、同年日本航空に入社。本社の計画部門などを経てアメリカ駐在中の1990年にソロモン・ブラザーズに転職。投資銀行本部において、債券資本市場部に所属。投資銀行本部ヴァイスプレジデント、債券資本市場部長を経験。1999年、英国投資会社の子会社のIT系人材会社に転職し、企業買収を専門に手がけ2009年に退職。現在はフリーランスのコンサルタント。


証券会社が売りたがらない米国債を買え!

「長期投資するなら米国債がお勧めです」って言われたらあなたはどう思いますか? 「え? 格下げされたけど大丈夫なの?」「デフォルトリスクはないの?」「そもそも米国債ってどうやって買うの?」――はい、昨今の報道を見てなぜ米国債と思う気持ち、よくわかります。そこで、『証券会社が売りたがらない米国債を買え!』を刊行した債券のプロ・林敬一氏に、日本人の知らない米国債投資の魅力を聞いてみました。

「証券会社が売りたがらない米国債を買え!」

⇒バックナンバー一覧