「OneDrive」はMicrosoftのクラウドストレージで、Windows 10ユーザーであれば標準で使っている人も多いだろう。もちろん、iOS/Androidアプリも公開されており、無料で5GBまでの容量を利用できる。Office 365を契約すれば、1TBもの大容量を活用できるようになる。今回は、クラウドストレージアプリ「OneDrive」の使い方を紹介しよう。

109
Windows 10ユーザーなら一番手軽ならクラウドストレージ「OneDrive」。写真のバックアップ先にもぴったりだ

Microsoftアカウントでサインインする

 「OneDrive」はMicrosoftアカウントを取得すれば誰でも利用できるクラウドストレージサービス。Windows 10ユーザーであれば、標準で使えるようになっている。アプリを起動したら、Microsoftアカウントでサインインしよう。もし、Microsoftアカウントを持っていないなら、その画面から新たに作成できる。

 なお、招待リンクから友人を誘い、インストールしてもらえれば、お互いに500MBずつ容量がもらえる。最大10GBまで増やせるが、すでにOneDriveを使っている人も多いので、無差別に送ると嫌がられる可能性もあるので注意しよう。

アイコン

Microsoft OneDrive(iOS版)
Microsoft OneDrive(Android版)


作者:Microsoft Corporation
価格:無料


※アイコンの横の文字をクリックで、ダウンロードサイトにアクセスします。

109
「OneDrive」アプリをインストールする
109
Microsoftアカウントでサインインする
109
新規にアカウントを作成することもできる
109
OneDrive内のフォルダーが表示された
109
PCブラウザーでOneDriveのオプションから「ストレージの管理」を開き、「増量」をクリックすると紹介リンクを取得できる

PCとシームレスにファイルをやりとりできる

 「OneDrive」はWindows 10 PCの「OneDrive」(C:\Users\ユーザー名\OneDrive)フォルダーと自動的に同期する。PCのOneDriveフォルダーにファイルを保存しているなら、スマホアプリにも表示されるのだ。とは言え、スマホアプリではファイル本体は同期されていない。あっという間にスマホのメモリーを占有してしまうからだ。そのため、ファイルを開こうとするたびに、ダウンロードするようになっている。

 ファイルを選択すれば、画像や動画、PDF、オフィス文書などはアプリ内でプレビューできる。ファイルを他のアプリに受け渡す機能も備えている。一覧画面でファイルを長押しすれば、選択モードになる。

109
「ファイル」タブからファイルを開く
109
プレビューが表示される
109
共有メニューを利用できる
109
右上のアイコンから別のアプリで開いたり、端末にダウンロードしたりできる

 スマホ内のデータをアップロードすることも可能だ。「+」アイコンからカメラ機能や「Office Lens」(関連記事)で撮影したデータをアップロードできる。「アップロード」を開くと、「Dropbox」や「Google Drive」からファイルをコピーすることもできる。

109
「+」アイコンをタップして、フォルダーやファイルを作成できる
109
「アップロード」では他のクラウドストレージからファイルをコピーできる
109
Googleドライブから写真を取り込んでいるところ
109
画像や動画、PDFだけでなく、オフィス文書もアプリ内でプレビューできる

 個人のMicrosoftアカウントのみの機能となるが、撮影したりキャプチャーした画像や動画を自動的にOneDriveにアップロードしてくれる機能もある。いちいちアルバムから転送作業が不要なので、手間がかからない。筆者も記事執筆の時に重宝している機能だ。「写真」のバックアップにもなるので、オンにしておくといいだろう。初期設定ではWi-Fiのみで転送されるようになっているので、外出先で撮影したからと言って“ギガ”がなくなってしまうことはない。

109
アプリのインストール時にも「カメラアップロードを有効にする」という画面が表示される
109
後から設定するなら「自分」タブから「設定」をタップ
109
「カメラアップロード」をタップ
109
「カメラアップロード」をオンにする
109
「バックグラウンドでのアップロード」をオンにすると確認画面が開くので「有効にする」をタップする

iMessageからOneDriveにアクセスできるようにする

 インストール時にも紹介されるが、iMessageから「OneDrive」にアクセスすることができる。まずはiMessageを開き、「A」アイコンをタップしよう。続けて「+Store」を開き、「管理」タブから「OneDrive」をオンにしておけばいい。これで、「A」をタップすると、「OneDrive」も表示されるようになる。

109
iMessageを開いて、Aアイコンをタップする
109
「管理」タブの「OneDrive」をオンにする
109
「OneDrive」のアイコンが
109
iMessageでOneDriveからファイルを投稿できるようになった

ファイルをダウンロードせずに第三者に転送する

 「OneDrive」にあるファイルを第三者に送る場合、ダウンロード用のリンクを生成できる。外出先で取引先にカタログファイルを送らなければならないときにも、端末にダウンロードせずにダウンロード用のURLだけを取得できるのだ。そのURLをメールで送れば、相手も好きなときにファイルを入手できる。その際、相手がMicrosoftアカウントを持っていなくてもいいのも助かるところ。

109
ファイルを選択して共有アイコンをタップする
109
「リンクのコピー」をタップする
109
ダウンロード用URLがコピーされているので、メールする
109
Microsoftアカウントを持っていなくてもファイルをダウンロードできる

端末に保存したままにして
オフラインで表示できるようにする

 前述の通り、スマホアプリは全ファイルが同期されているわけではない。しかし、どうしても端末に保存しておきたいファイルがある場合は、オフラインファイルに指定すればいい。インターネットにつながっていない飛行機内などでも、ファイルを開けるようになる。

 ファイルを選択したり開いた状態で、右上のパラシュートアイコンをタップするだけでOK。アイコンに斜めに線が入り、ファイルがオフラインで保持されるようになる。なお、インターネットにつながっていない状態でファイルを編集すると、別ファイルとして保存されてしまうので注意すること。オフラインファイルを無効にするなら、パラシュートのアイコンをもう一度タップすればいい。

109
右上のパラシュートアイコンをタップする
109
パラシュートアイコンに斜めに線が入り、オフラインでも表示できるようになる
109
「自分」から「オフラインファイル」を開く
109
オフラインに設定したファイルが一覧表示される。この画面からオフラインファイルを解除できる

OneDrive for Businessを使用する

 「Office 365 Solo」を契約すると「OneDrive」の容量が1TBに増えるが、「Office 365 Business」を契約すると「OneDrive for Business」の容量が1TBになる。このふたつは別物で、フォルダーをまとめることはできない。

 とは言え、「OneDrive」アプリで両方のアカウントを登録し、手軽に切り替えてアクセスできるので、それほど不便ではない。「自分」タブの上にある「アカウントを追加」をタップし、「@会社名.onmicrosoft.com」アカウントでサインインすればいい。「Office 365 Business」のユーザーはぜひ登録しておきたい。

109
「自分」タブの「アカウントを追加」をタップする
109
職場アカウントでサインインする
109
「OneDrive for Business」アカウントが登録される
109
手軽に切り替えられるようになった

 以上が、「OneDrive」の説明書となる。細かい改良がどんどん行われており、現在の所もっとも使いやすいクラウドストレージと言える。スマホアプリも初期の頃と比べるとずいぶんブラッシュアップされ、もちろん文句なく神アプリ。PCとのシームレスなデータ連係をするなら是非活用しよう。