借りた当初は、「繰り上げ返済すれば何とかなるだろう」と思って35年返済を選ぶのだが、実際に返済が始まってみると固定資産税や、マンションなら管理費・修繕積立金など、返済以外の住居費の負担が予想以上に重い。

 さらに子どもの成長とともに教育費の負担も増すため、マイホーム購入前より貯蓄ペースが落ちる家庭が多い。そうなると繰り上げ返済どころではない。

 次は「退職金で一括返済すればいい」と考える。しかし、自分がいくら退職金をもらえるのか知っている人は少ない。60歳時点でのローン残高を試算している人はもっと少ない。

 つまり、多くの人が「いくらもらえるかわからない退職金で、いくら残っているのかわからないローンを返そうとしている」わけだ。恐ろしい話だが、「みんながそうしている」というだけで、恐ろしいことに直視していないのが現状だ。

80歳までのローンが組めても
弊害のみでメリットなし

 住宅ローンには「最長返済期間」と「完済年齢」の要件があり、返済期間の上限は完済年齢が優先される。銀行ローンの場合、7~8年くらい前まで完済年齢はおおむね「70歳」が上限だった。35歳で35年返済にすると、70歳までのローン。ほとんどの人が、このようなローンを組んでいた。

 ところが、どこかの銀行が「80歳」に上限を引き上げたことによって、競争原理が働き、銀行ローンの完済年齢は軒並み「80歳」に変更になった。変更後にローンを組んだ人は、80歳完済はさすがに少ないが「40歳で35年返済、完済75歳」というケースが増えている。

 ローンを組むときと返済中は、「毎月の返済額」だけに注意を払う人が多いのだが、老後の安心を得るには「60歳時点でのローン残高」を知っておくことがマストである。毎月の返済額を約10万円、金利は全期間固定2%を例にして「返済期間と60歳時ローン残高」の関係を見てみよう。