ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
DOL特別レポートSPECIAL

不動産探しのプロが教える
新築・いい物件の目利きポイント

新築マンション・戸建て 納得の「住まい」を選べ!【連載第4回】

2011年12月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

広さ、間取り、エリア、価格——条件に合った物件が見つかっても、本当に買ってよいか迷うのが普通。そこで、いい物件かどうか目利きするポイントを不動産コンサルタントで、さくら事務所代表の長嶋修氏に聞いてみた。

■ポイント 1
すべてにおいて満点の物件はない

不動産コンサルタント
さくら事務所代表 長嶋 修氏

 「すべてにおいて満点の物件はない。どの部分に力を入れているか、それが物件ごとの個性」と長嶋氏は言う。

 不動産には、エリアごとの相場がある。住宅性能は年々、進化しているとはいえ、世の水準より優れた仕様にすれば、そのぶんコストも跳ね上がる。相場なみの価格に抑えるためには、100点を狙わない部分も出てこざるを得ない。

 「複数の物件を見比べれば、広さではこちらが上、耐震性ではこちらが上、と、それぞれに強み弱みがあるはず。後で後悔しないよう、自分にとって欠かせないポイントは何か、きちんと優先順位を決めておくことが大切」(長嶋氏)

  長嶋氏によれば、「耐震・省エネ性」「可変性」「メンテナンス性」の3つは、最近、ディベロッパーが力を入れているポイントだという。これら3つにコストをかけた分、居住面積はやや狭めとか、駅からやや遠め、といったマイナスポイントが出てくるわけだ。

 「立地などよりも、とにかく広さ優先」とか、「子どもが独立したあとリフォームできるよう、可変性が最優先」といった優先順位のつけ方だけでなく、もちろん、「どの項目もそれなり」というバランス重視でもいい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


DOL特別レポートSPECIAL

注目企業や産業など、幅広いテーマを扱うDOL特別レポートのスペシャル版。

「DOL特別レポートSPECIAL」

⇒バックナンバー一覧