ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
楠木建 ようするにこういうこと

グローバル化せざるを得ない?
そんなこと誰も頼んでないですよ

楠木 建 [一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授]
【第1回】 2011年10月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 最近いろんな経営者と話をしていると、よく出てくるのが「生き残りのため」という言葉。「で、どうするんですか?」と聞くと、「グローバル化せざるを得ない」と返って来ます。ここで僕はほとほとがっかりしてしまいます。「ビジネスモデルを転換せざるを得ない」「中国に出ていかざるを得ない」というけれど、実際は誰も頼んでいないのですから。

 ビジネスの根本原則を確認する必要があります。それは「自由意志」。

 商売は誰からも頼まれていない、誰からも強制されていない、自分の意志でやるものだ、という自由意志の原則、これはもう、あらゆるビジネスの大前提のはず。これが商売の最後の拠り所になるのです。

 にもかかわらず「…せざるを得ない」と経営者が言うのは、もはや経営の自己否定です。言った瞬間、商売がよって立つ根幹を失う。経営者が言うべきことは、生き残りもいいけれど、生き残って何をしたいのかってことです。人も企業も生きるために生きているのではないのですから。

 僕が、『ストーリーとしての競争戦略』という本で強調したかったことのひとつが、戦略は「こうなるだろう」という単なる先読みではなく、「こうしよう」という意志の表明だという当たり前のことです。「円ドルはこうなる」とか、こうなるだろうって話は経済学者に任せておけばいい。経営者から今こそ聞きたいのは、「こうしよう」という商売の意志表明です。

 かつて、ソニーやホンダが、トランジスタラジオや二輪車をアメリカに持っていったとき、「生き残りのため、北米に行かざるを得ない」と言っていたでしょうか。確認したわけではないですが、絶対に言っていなかったと思います。「こんなにいいものつくったのだから、ぜひともアメリカ人にも使わせてあげよう!」ぐらいの勢いだったはずです。

 つまり、それが国内だろうとアメリカだろうとグローバルだろうと、自信を持って堂々と朗らかに出ていかなければそれこそ話になりません。グローバル化はウキウキワクワクニコニコしながらやるべきものです。その自信や明るさがどこから出てくるのかというと、「こういうことをやるぞ」という自らの意志です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

楠木 建 [一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授]

1964年東京生まれ。1992年一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。一橋大学商学部助教授および同イノベーション研究センター助教授などを経て、2010年より現職。専攻は競争戦略とイノベーション。2010年5月に発行した『ストーリーとしての競争戦略』(東洋経済新報社)は、本格経営書として異例のベストセラーとなり、「ビジネス書大賞2011」の大賞を受賞した。ツイッターアカウントは@kenkusunoki


楠木建 ようするにこういうこと

本格経営書として異例のベストセラー『ストーリーとしての競争戦略』の著者、楠木建一橋大学大学院教授が、日々の出合いや観察からことの本質を見極め、閉塞を打ち破るアイデアを提言。
 

「楠木建 ようするにこういうこと」

⇒バックナンバー一覧