『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』が8月30日にダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

感情に「支配」されるのではなく「利用」すればよい。


 アドラーの高弟ルドルフ・ドライカースは、感情をガソリンのような燃料に例えました。人は冷静な判断だけではなかなか行動に移せません。感情を使うことで弾みをつけるのです。ですから、感情は行動を促進したり、やめることを促進するために使われます。

 例えば、あなたがつきあっている異性に対して「結婚したいな」と思ったとしましょう。しかし、結婚には様々なリスクがつきまといます。そんな時、あなたの背中をぐっと押してくれるのが「感情」なのです。「好きだ」「一緒にいたい」といった感情がこれらの不安を吹き飛ばし、結婚を前に進めてくれるでしょう。「感情」がガソリンとなり、エンジンを一気に吹かせ、車を前に進めてくれるのです。

 また、時に「感情」はブレーキの役割を果たすこともあります。「なんとなく嫌な感じがしてやめた」などはその好例です。アクセルを踏むか、ブレーキを踏むか。それは自分自身が決めています。その気持ちを後押しするために感情を創り出し「使用する」ことで、自分や他人を動かすのです。決して先に感情があり、感情に支配されたのではないのです。

 感情に支配されるのではなく、うまく感情を利用すればいいのです。感情という心の声にじっと耳を傾けることで、一歩踏み出す、もしくは退くきっかけが見つかるかも知れません。どうすべきかは、自分の感情がすでによくわかっているのです。
 

アルフレッド・アドラー Alfred Adler(1870年-1937年)
オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイト、ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。個人心理学(アドラー心理学)を創始し、『7つの習慣』のコヴィー博士、カーネギーらに影響を与えた。「自己啓発」の源流である。

※本連載は日曜日以外の毎日更新します。