ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

会社と政府、本当は誰のものか?

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第198回】 2011年10月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 数年前に、会社は誰のものなのか、という議論が盛り上がった。これは、「誰のもの」という言葉の意味を正確に定義しないと意味がない議論だった。とはいえ、株式会社の場合、会社の債務を差し引いた財産の最終的な所有者、会社の方針の最終的な決定者という意味では「株式会社は、株主のものだ」と見るのが自然だろう。

 しかし、企業買収に対する心情的な抵抗感などもあって、会社は、株主に加えて、経営者、社員、債権者(融資している銀行や社債の保有者など)、さらには顧客などの広い意味での利害関係者全体のものだ(「ステークホルダー」という言葉がよく登場した)といわれてきた。

 だが、利害関係者が自分によかれと思って影響力を行使するのは当然のことなので、そのさまざまなありさまを「会社は誰のものか」という問いでまとめるのは、あまり利口なアプローチではないと、筆者は当時も今も思っている。実質的に「誰のもの」なのかは、時々のルールや、関係個人の事情、ビジネス環境などで変化する。
企業によって事情は異なるが、日本の会社に限らず、会社の過半数の株式を買収しても、経営者を代えることくらいはできても、株主、あるいは乗り込んできた新しい経営者が会社をコントロールすることが難しい場合がある。株式の持ち合いなどによって、実質的に株主が会社の経営方針を決められないケースもあるし、既存の社員の協力が得られないと会社が機能しないこともある。伝統的な日本の大企業の多くにあって(同族企業をおおむね除く)、「社長」は、株主に選ばれた「会社の長」であるより、社員共同体の中で選ばれる「社員の長」の色彩が強い。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧