『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』がダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

第一子は、初めての子として両親の愛を独占する。しかし……

 第一子は両親にとって初めての子供です。そのため、両親からの深い愛情を一身に受け、それを独占します。しかし、第二子の誕生と共に突然「王座を奪われ」ます。これまで様々な特権を独占してきたところへ、突然もう一人が加わり、自分以上に親の時間や愛を奪っていくのです。第一子はこれに耐えることができません。多くの場合、第二子に対して攻撃を仕掛けたり、力ずくで親の注目を取り戻そうとします。しかし、それもうまくいかなくなると、今度は正の注目ではなく負の注目を集めようと問題行動を取るようになるのです。

 多くの場合、第一子は年長であるために、きょうだいの中で体格や知能において優れており、リーダーの役割を担います。その結果、大人になってからも責任感が高く、リーダーシップを発揮するようになることが多くあります。

 また、非常に高い目標を掲げ、それを追いかける勤勉な努力家になりがちで、「自分はいつも一番優れていなければならない」「いつも正しくなくてはならない」といった理想主義、完璧主義になりがちです。そのため、背伸びをして無理をしてしまいます。また、法律やルールや権威、世間体を重んじる保守的な性格になる傾向があります。

 こうした理由から、第一子は社会的に有用な人になるか、もしくは支配的になる可能性が高い、とアドラーは述べています。

アルフレッド・アドラー Alfred Adler(1870年-1937年)
オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイト、ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。個人心理学(アドラー心理学)を創始し、『7つの習慣』のコヴィー博士、カーネギーらに影響を与えた。「自己啓発」の源流である。

※本連載は日曜日以外の毎日更新します。