ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
出口治明の提言:日本の優先順位
【第27回】 2011年11月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
出口治明 [ライフネット生命保険(株)代表取締役会長]

TPP反対派の意見は根拠に乏しい。
交渉への参加は実益で判断すべき

1
nextpage

 前回の当コラムでは、TPP交渉参加反対派の最大の拠り所となっている「食料自給率の低下」は「幽霊の正体みたり枯れ尾花」のようなものであることを示した。では、この他にどのような反対理由があるのだろうか。つぶさに検証してみたい(反対派の主張は、主として「TPP交渉参加 是か非か」2011年10月30日 日経新聞朝刊、及び「TPP思惑交錯」2011年11月4日 日経新聞朝刊による)。

TPP交渉参加に対する
主な4つの反対理由を検証する

混合診療や株式会社による病院経営の解禁で、わが国の公的医療保険制度が崩壊する

 これに対しては、政府は以前は「混合診療や医療制度は議論の対象外」と言っていたが、今日(11月8日)の新聞報道によると、議論の対象となる可能性がありそうだ。このように情報を小出しにすることは、政府に対する不信感を増幅させることになる。政府が本気でTPPの交渉に臨みたいのであれば、手持ちの情報はすべて開示して、オープンな議論を行うべきではないか。

 ちなみに筆者は、「国民皆保険」を旨とした現在のわが国の公的医療保険制度については(もちろん無駄を省いた上での話だが)、その根幹をしっかりと守るべきだと考えている(7月26日付当コラムを参照)。TPPに参加するのであれば、この点は譲れないものとして、堂々と主張すればいい。もっとも、混合診療や株式会社による病院経営の解禁がどの程度であれば、わが国の公的医療保険制度の根幹が揺らぐのかについては、数字による丁寧な検証が必要であろう。

外国人の専門家(医師や弁護士)が国内に大量流入

 これに対しては、政府は「免許の相互認証は議論されておらず、大量流入は考えにくい」と述べているが、仮に百歩譲って大量流入があったとして、何が困るのだろうか。わが国市民の英語力のレベルを考えれば、大量流入してくる外国人の専門家はおそらく日本語がペラペラであろう。そうでないと商売ができるはずがない。日本語に堪能な専門家が増えれば、結果として競争が促進され、私たち市民は優秀な専門家による廉価なサービスが受けられるようになる。一体どこに問題があると言うのだろう。

 まさかこの社会は医師や弁護士の数を絞って、全員が競争せずに一生安楽に仕事ができることを理想としているわけでもあるまい。

単純労働者が日本に大量に流入し、国内の雇用が奪われる

 これは政府が「単純労働者の受け入れは議論の対象外」としているので、水かけ論である。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


出口治明 [ライフネット生命保険(株)代表取締役会長]

1948年、三重県美杉村生まれ。上野高校、京都大学法学部を卒業。1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。生命保険協会の初代財務企画専門委員会委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て同社を退職。その後、東京大学総長室アドバイザー、早稲田大学大学院講師などを務める。2006年にネットライフ企画株式会社設立、代表取締役就任。2008年に生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更、同社代表取締役社長に就任。2013年6月24日より現職。主な著書に『百年たっても後悔しない仕事のやり方』『生命保険はだれのものか』『直球勝負の会社』(以上、ダイヤモンド社)、『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『「思考軸」をつくれ』(英治出版)、『ライフネット生命社長の常識破りの思考法』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。

ライフネット生命HP

 


出口治明の提言:日本の優先順位

東日本大地震による被害は未曾有のものであり、日本はいま戦後最大の試練を迎えている。被災した人の生活、原発事故への対応、電力不足への対応……。これら社会全体としてやるべき課題は山積だ。この状況下で、いま何を優先すべきか。ライフネット生命の会長兼CEOであり、卓越した国際的視野と歴史観をもつ出口治明氏が、いま日本が抱える問題の本質とその解決策を語る。

「出口治明の提言:日本の優先順位」

⇒バックナンバー一覧