ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
原英次郎の「強い中堅企業はここが違う!」 トップに聞く逆境の経営道

苦労した採用活動で「目からウロコ」の経験
正社員主義を貫く理由と“熟年起業”の心得を語る
翻訳会社「アラヤ」中嶌重富社長のきまじめ経営【後編】

原 英次郎 [週刊ダイヤモンド論説委員]
【第26回】 2011年11月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

アラヤ(本社:東京都目黒区)は、中嶌重富社長が2004年に創業した新興の翻訳会社である。社歴8年ながら、今年度は年商16億円に達する見込みだ。前篇では起業したいきさつ、どのようにしてアラヤの特徴、強みをつくり上げていったかを聞いたが、後編では経営に対する基本姿勢、将来像、熟年企業の心得について語ってもらった。

「目からうろこ」だった採用活動
従業員は原則正社員だけ

なかじま しげとみ/1947年東京都生まれ。1966年東京都立千歳が丘高校卒業後、三井銀行に入行、国領支店、蒲田支店、恵比須支店などを経て、名古屋駅前支店融資課長、神保町支店得意先課長を歴任。89年7月末同行を退職。同年8月に翻訳会社の常務取締役に就任。2004年2月末に同社を退社し、同年4月にアラヤを設立し代表取締役に就任。

創業時に売上10億円という目標を立てたが、それを達成するには、まずは人を集めなければならな い。ネットを活用して求人活動を行ったが、それは中嶌氏自身も予想していない展開となった。

中嶌社長:会社を作った当初は、アラヤは海のものとも山のものともわかりませんので、誰も応募してくれない。会社設立当初に、年商10億円まで伸ばそうという壮大なプランを立てたので、ある程度仕事を取れてきたら、人をどんどん増やさなくてはいけないのに、だれも応募してくれない。

 今の時代ですから、新聞広告ではなくて、インターネットで求人をやって、ようやく応募してくれる人たちが出てきたんですが、その履歴書を見て、ものすごくがっかりしたんですね。「最初から全然ダメ」というような人しか、応募して来ない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

原 英次郎 [週刊ダイヤモンド論説委員]

1956年生まれ、佐賀県出身。慶應義塾大学経済学部卒。
1981年東洋経済新報社に入社。金融、証券、エレクトロニクスなどを担当。
1995年『月刊金融ビジネス』、2003年4月『東洋経済オンライン』、
2004年4月『会社四季報』、2005年4月『週刊東洋経済』の各編集長などを経て、2006年同社を退社。
2010年3月ダイヤモンド・オンライン客員論説委員、2011年10月編集長、2015年1月より現職。
主な著書に『銀行が変わる?!』(こう書房)、『素人のための決算書読解術』(東洋経済新報社)。

原英次郎の「強い中堅企業はここが違う!」 トップに聞く逆境の経営道

世界同時不況で電機・自動車など日本のビッグビジネスが軒並み崩れる中、しぶとく踏み止まる中堅企業がある。経営学の教科書からは学べない「逆境の経営道」をトップへのロングインタビューで探る。

「原英次郎の「強い中堅企業はここが違う!」 トップに聞く逆境の経営道」

⇒バックナンバー一覧