ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ダイヤモンドホームセンターView Point

イケア・ジャパン
500アイテムに絞り込んだ仙台ミニショップ開業
ワンウェイコントロールと提案力で魅せる

ダイヤモンドホームセンター
【第30回】 2011年11月17日
著者・コラム紹介バックナンバー

イケア・ジャパン(千葉県/ミカエル・パルムクイスト社長)が、9月26日、宮城県仙台市に復興に向けた生活支援ストア「IKEA仙台ミニショップ」をオープンした。

世界で展開するIKEAにおいても
異例の店舗

IKEA仙台ミニショップは、仙台市泉区の商業施設内にオープンした。ワンウェイコントロールを行うため、入口と出口が分かれている

 仙台ミニショップは仙台市の北部、泉パークタウン内の商業施設に居抜き出店した。道路を挟んで向かいには、仙台泉プレミアムアウトレットと泉パークタウンタピオがある。

 IKEAの標準店舗は店舗面積約4万平方メートルだが、同店は約1500平方メートル。標準店舗が9000アイテム品揃えするのに対し、同店では雑貨をメーンに500アイテムに絞り込んだ。8割がキッチン用品、キッズなどの雑貨で、残る2割が収納をメーンとする家具を展開する。

 世界で展開するイケア店舗は、通常土地を取得し、同社標準規模の店舗を建築するが、同店は賃借物件だ。今回の仙台ミニショップは、世界のイケアでも例を見ない小型ショップの展開であり、「売上目標などゴールを決めずにスタートする異例の店舗」(イケア・ジャパン)だ。

 東日本大震災発生直後から同社は、「家は世界でいちばん大切な場所」という企業理念をもとに、被災者が安心した生活基盤を構築できるよう、短・中・長期と計画を立て支援を続けてきた。今回のミニショップ開設は長期の生活支援対策に当たる。

 「震災で生活用品を失ってしまった人に向け、まずは生活に必要なものをお届けしたいという考えから品揃えした。500アイテムと限られるため、お客さまのニーズを見ながら今後品揃えを変えていきたい」と北野マネジャーは語る。生活必需品に焦点を当てた品揃えを行うが、スウェーデンの企業らしい明るくカラフルな色柄の商品が並ぶ。またオープン当初は、家具では収納用品を中心に品揃えするが、徐々にニーズを見ながら、家具の品揃えも増やしていく考えだ。

ワンウェイコントロールで
すべて見せる

 店内レイアウトは最もニーズの高いキッチン用品からスタートして、インテリアや照明、キャンドル、フレーム、収納ボックス、キッズ、家具という流れ。小規模店ながら、壁面を上手に演出して顧客を巧みに誘導するワンウェイコントロールを行う。「すべての商品を見てもらい、長く滞在してもらえるように」(北野マネジャー)という工夫だ。

 最も苦労したのが、売場の制約上、イケアの真髄であるルームセットを展示できないなかで、どれだけ魅力的なルーム提案ができるかということだ。同店ではコンパクトながらリビングルームの提案を売場トップで展開するほか、売場随所で雑貨・家具・インテリア・照明を交えたコーディネート提案を行うことで、顧客のインスピレーションを刺激することに努めている。

 「ミニショップといえどもIKEAらしい魅力にあふれた売場をつくり上げ、生活復興を支援するとともに、お客さまが楽しい気持ちになれる店づくりを進めていきたい」と北野マネジャーは抱負を語る。


「ダイヤモンド ホームセンター」11月号 好評発売中!

ダイヤモンド・ホームセンター11月号は、特集3本立ての盛りだくさんの内容でお届けします。特集1は「ピンチはビッグチャンス! 復興に賭す」。被災地で店舗展開する企業のトップインタビューや、被災地にいま店舗を出店する企業のレポートなど、“生活を元に戻す”強い力を持つホームセンターが担う復興のかたちを提案します。
特集2は、2期連続以上で増収を達成している中堅企業のワケを徹底分析した「大手に負けない勝ちパターン! なぜこの中堅企業は 伸び続けているのか?」。上場中堅企業の成功事例解説と3社のケーススタディから、大手とは異なる生き方、勝ち方が見えてきます。このほか、園芸部門のさらなる活性化を図るための特集3「園芸部門 活性化スタディ 上半期実態調査&来春先取りトレンド」、店長のための新連載「実践力を鍛える!店長塾」など目白押し。
ぜひ、ご一読ください。
小売・サービス・流通業界がわかるビジネス情報サイト DFオンライン

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドホームセンター

『ダイヤモンドホームセンター』誌は、「ホームチャネルの市場創造」をテーマとした、ホームセンターや各種専門店を中心とする企業、スタッフへのビジネス情報誌。生活の多様化は、ホームチャネルと呼ばれる多くの企業・店舗に、より快適でストレスレスな空間と商品、そして情報を求めています。快適生活を提案するホームチャネルビジネスを成功に導く情報誌の決定版、それが『ダイヤモンドホームセンター』です。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


ダイヤモンドホームセンターView Point

流通ホームチャネルを中心に、小売・流通業界で巻き起こる様々な事象を、編集部が独自の切り口で届けるコンパクトニュース。

「ダイヤモンドホームセンターView Point」

⇒バックナンバー一覧