スカイラインのハイブリッド車をベースとした日産の自動運転実験車両 Photo by Kenji Momota

日産の自動運転車両が世界各地で公道実験中

モービルアイによるトリフォーカルシステム。3つのカメラを使用して前方の画像を認識する車両の四隅、フロントバンパーの左型、さらにリアバンパーの中央、合計6ヵ所にレーザースキャナーを設置した Photo by Kenji Momota

 いまから2年前の東京モータ―ショーが終わった直後に、お台場を出発点として日産の自動運転実験車両に乗った。

 あの時の車両はEVのリーフがベースだったが、今回はスカイラインハイブリッドをベースとしていた。

 車両の詳細について、日産自動車・電子技術/システム技術開発本部・AD&ADAS先行技術開発部・戦略企画グループ部長の飯島徹也氏に聞いた。

 それによると、車外の状況を感知するセンサーは、カメラがフロントガラスやルーフなどに12個、レーダーによって物体を三次元で検知するレーザースキャナーが6個、そしてレーザーは前方約150メートル向けや中距離70メートル程度など合計9個、さらに近距離用の超音波センサー(ソナー)が12個の合計39個を採用している。

 2年前のデモンストレーションとの大きな違いは「ドア・トゥ・ドア」。つまり、A地点からB地点まで正確に到着することを目指したことだ。具体的なルートとしては、“ゆりかもめ”の市場前駅に近い公道をスタート地点として、首都高速湾岸線を通り、高速中央環状線(C2)の船堀橋出口を降りてUターンし、再び船堀橋から首都高速に乗って市場前駅のスタート地点で戻る約20kmの工程になる。