ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

M&Aに長期投資のヒント
カギは「再編」と「海外進出」

2009年8月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日本企業のM&A

 金融危機の影響で、昨年から今年初めにかけて日本企業のM&Aは低調だったが、最近は復調しつつある。今年の日本企業が関与したM&A上位10件のうち、4件は7月のものだ。

 最近の日本企業のM&Aには2つの特徴がある。

 1つは業界内の再編進展だ。表で目立つのは金融関係だが、それ以外にも新日本石油と新日鉱ホールディングス、キリンホールディングスとサントリーホールディングスなどさまざまな分野で大手の統合が進んでいる。

 景気悪化局面では、生き残りをかけた企業の再編が加速する。前回こうした動きが見られたのは1990年代末から2000年代初頭にかけてだが、このとき誕生したJFEホールディングスや三菱東京フィナンシャル・グループ(現三菱UFJフィナンシャル・グループ)などが03年以降の株価上昇局面を牽引した。

 今回統合によって誕生する企業が、次の株価上昇局面の牽引役となることは十分考えられる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧