HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

社会は怖いけど、出会いの場は好き
“加害妄想”に悩む引きこもる大人の新しいつながり方

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第89回】

 3.11に東日本を襲った大震災と95年に起こった阪神・淡路大震災。そのうちの16年前の被災地だった神戸市で、『2つの「あの日」が揺らしたもの――大震災が問うひきこもり問題』というテーマのトークイベントが11月27日に行われた。このイベントを催してくれたのが、姫路市のNPO法人「グローバル・シップスこうべ」だ。

 同団体は、引きこもりや不登校を経験した人たちが交流して情報を社会に発信しようという、当事者が主体のグループ。自らも社会に出るのが怖かったという経験を活かし、同団体を立ち上げた代表の森下徹さん(44歳)に、今回のイベントに関わった経緯や、その後の“変化”について聞いた。

人に迷惑をかけたくない、社会が怖い
「ジュリアナ」「就活」にも行けなかった大学時代

 「やっぱりイベントが好きなんです。いろんな人との出会いの場となって、つながれますから…」

 森下さんは、開催の理由をこう明かす。

 「僕は震災を体験していない。だから、何かできないかなと企画したんです。実際、東北の被災地にも行って、自分の目で見て、感じてみたくなりました」

 森下さんが、理工系の大学を5年かけて卒業したのは、バブルの崩壊した1993年。

 「数学、理科、国語は得意なんですが、英語と社会は苦手でした。記憶力が抜群に悪いんです」

 学生時代、世の中は「ジュリアナ」などに狂乱していた。しかし、森下さんは「ジュリアナ」にも「就職活動」にも行くことができなかった。

 「小さい頃から、強迫神経症があって、就職活動は最初から、自信がなかったんですね。社会が怖かった。何か、他人に迷惑をかけるんじゃないかと…。社会って、情け容赦なく弱い所を突いてくるような構図があると思うんですね」

1 2 3 4 >>
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧