ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

スマホがクルマを潰す時――日本は勝ち組か負け組か
自動車産業激変期に第3の波「テレマティクス」が本格化

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第95回】 2011年12月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

自動車産業と情報通信産業の
双方にまたがる大潮流が出現

 Google、Pandora、Intel、SNYC、OnStar。

 大型スクリーンに、そうしたビックネームが出るたび、日米欧、中国、韓国、東南アジアから参加した約300人の目が真剣みを増した。

 ヒルトン東京4階。イベント名は、第三回「テレマティクス ジャパン」(2011年11月30日~12月1日)だ。

 「テレマティクス ジャパン」は英国に本部を置くFC Business Intelligence社が企画運営しているプライベートシンポジウムの「テレマティクス アップデート」を日本で開催するもの。2年前に第41回東京モーターショー(千葉県幕張メッセ)開催に合わせて第一回を行い、今年で3回目となる。

 今回の講演者は、自動車メーカーから日産、ホンダ、いすゞ、BMW。サプライヤーからデンソー、日立ソリューションズ、NEC、オートモーティブシステムズ社(パナソニック)等。通信関連事業者はNTTドコモ、米Verizon、ノルウェイのtelenorとNokia。この他、欧米のIT系、ソフトウエア系やコンサルタント会社だった。

第三回「テレマティクス ジャパン」座長、日立オートモーティブシステムズ株式会社理事・CIS事業部長の篠崎雅継氏。
Photo by Kenji Momota

 今回の開催で座長を務めた、日立オートモーティブシステムズ株式会社・理事/CIS事業部長の篠崎雅継氏は、テレマティクスの現状と今後の可能性についてこう語る。「今回の各種発表を見ても明らかなように、スマートフォンとクラウドの世界的な普及により、今後5年以内にテレマティクスは急速に発展することは間違いない。近年中に様々なカタチのビジネスチャンスが生まれる。(自動車産業と情報産業における)ブレークスルーは、通信キャリアの影響力もあるが、キーファクターはやはり、自動車メーカーが(次世代型のテレマティクスへの対応に)どのような決断を下していくかだ」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧