職場でモンペからの執拗な電話攻撃に悩まされた経験はないか?(写真はイメージです)

「うちの子だけは残業させるな!」「取引先との会食に参加する義務はない!」などと理不尽な要求を突き付ける新卒社員のモンスターママ(以下、モンママ)。モンスターペアレント(以下、モンペ)に対して、会社はどう対応すべきか?(特定社会保険労務士 石川弘子)

S社概要
創業25年の求人広告を扱う広告代理店。従業員は150名程度で、20代、30代の営業社員が多く、社内は比較的自由で、和気あいあいとしている。毎年新卒採用を行っており、社員育成のための教育プログラムも充実している。
登場人物
石黒部長:人事部長。40代半ばで、採用から育成までを一手に担う。真面目な人柄で、冷静沈着。
赤井主任:営業部主任。30代の既婚男性。仕事を愛しており、部下の面倒見もいい。熱血タイプではあるが、部下の話にもきちんと耳を傾ける姿勢から周囲の評価も高い。
青木:新卒社員。大学卒業後、明確なキャリアプランがないまま入社した。仕事で上司から注意を受けることが多いため、本人のモチベーションも下がっている。

新卒のモンママから
人事部に抗議の電話

「うちの子には『残業をさせないでくれ』って言っているんです!うつ病になったら、どう責任とってくれるんですか!」

 石黒部長の耳元の受話器から、女性の怒鳴り声が響いている。新卒で入社した青木の母親を名乗る女性から「息子の帰りが遅いが、毎日そんなに残業させるのはどういうつもりか?」「取引先との会食なんて仕事じゃないのだから参加する義務はない!」「毎日仕事で上司に叱られると息子が言っている。パワハラじゃないか!」といった電話がかかってきたのだ。

 石黒は「確かに残業はありますが、通常は1時間以内程度の残業ですし、パワハラは特にこちらでは認識しておりません」と丁寧に応対したが、モンママの興奮は収まらない。

 石黒は「とりあえず、残業とパワハラについては調査の上、後日、改めて連絡します」と何とかなだめて電話を切った。