東京理科大学学長の藤嶋昭氏が、2017年度「文化勲章」を受章した。
藤嶋氏が開発した「光触媒」は、今年で発見50周年を迎える。
東海道・山陽新幹線「のぞみ号」の光触媒式空気清浄機、成田国際空港の光触媒テント、パナホームの一戸建て、日光東照宮の「漆プロジェクト」から、ルーブル美術館、クフ王の大ピラミッド、国際宇宙ステーションまで、光触媒の用途はとどまることを知らない。日本だけでなく世界へ宇宙へと広がっているのだ。
2020年東京五輪で「環境立国」をうたう日本にとって、光触媒は日本発の世界をリードするクリーン技術の生命線。酸化チタンに光が当たるだけで、抗菌・抗ウイルス、防汚、防曇、脱臭、大気浄化、水浄化など「6大機能」が生まれるので世界中で重宝されている。これからの時代、文系、理系を問わず、光触媒の知識が少しあるだけで、あなたは羨望の眼差しを受けるかもしれない。文化勲章受章まもなく発売され、注目を集めている『第一人者が明かす光触媒のすべて――基本から最新事例まで完全図解』の著者を編集担当が直撃した(構成:寺田庸二)。

歯科領域にはどう普及している?

藤嶋 昭(Akira Fujishima)東京理科大学学長 1942年生まれ。2005年、東京大学特別栄誉教授。2010年、東京理科大学学長(現任)。【おもな受賞歴】文化勲章(2017年)、トムソン・ロイター引用栄誉賞(2012年)、The Luigi Galvani Medal(2011年)、文化功労者(2010年)、神奈川文化賞(2006年)、恩賜発明賞(2006年)、日本国際賞(2004年)、日本学士院賞(2004年)産学官連携功労者表彰・内閣総理大臣賞(2004年)、紫綬褒章(2003年)、第1回The Gerischer Award(2003年)、日本化学賞(2000年)、井上春成賞(1998年)、朝日賞(1983年)など。オリジナル論文(英文のみ)896編、著書(分担執筆、英文含む)約50編、総説・解説494編、特許310編。

 歯科領域への光触媒の適用についても、息の長い取り組みがなされています。

 ひとつにはホワイトニング(酸化チタンネット+青色LED)、歯を白くするための取り組みです。

 また、インプラント(人工歯根)や義歯洗浄剤、あるいは義歯そのものへの応用なども考えられています。

 アパタイトは、歯科領域では人工骨やインプラントでなじみの深い材料で、細菌やたんぱく質を吸着する性質があることがわかっています。

 そこで、アパタイトと酸化チタン、フッ素を複合化して、義歯装着時に吸着した細菌やたんぱく質を就寝時に光触媒分解できる義歯の開発も行われています。

 口腔ケアは肺炎などの感染症の予防につながります。

 そこに光触媒を組み込み、口腔ケアの効果を高めていくことは、「予防こそ最大の治療」の時代のニーズに合致した取り組みではないでしょうか。

 私たちは光触媒の医療への応用研究会を作り、10年以上にわたり、東京理科大学の先生方の他、総合南東北病院の瀬戸晥一先生、鶴見大学歯学部の花田信弘教授、神奈川歯科大学の木本克彦教授、バイオメディカルサイエンス研究会(BMSA)の瀬島俊介理事長、ユーヴィックス株式会社の森戸祐幸会長、中村信雄社長、神奈川県立産業技術総合研究所の落合剛氏をはじめとする方々とも討論を重ねてきています。

 光触媒を発見して今年で50周年。いまや東海道・山陽新幹線の光触媒式空気清浄機、成田国際空港の光触媒テント、パナホームの一戸建てからクフ王の大ピラミッド、ルーブル美術館、国際宇宙ステーションまで、その活躍の場は多岐に及んでいます。
 本書には、その基本から最新事例まで140点以上の図表と写真が掲載されています。ぜひご一読いただければと思います。