学費収入の急減により問われる“稼ぎ頭”

 こうして志願者が激増することで18年は“受験料の増収”が見込まれる私立大学が多い。その一方で、「入学定員の厳格化」で学生の数が減り、“学費の減収”という状況が待ち構えている。

 近い将来、これは多くの私立大学に共通する悩みとなり、運営に大きな影響が出始めるだろう。

 というのも、以前ならば、学部新設で学生数を増やし、“学費の増収”を図る方法もあった。しかし、今後は政府の方針で大都市部では学部・学科新設ができないのだ。

 より一層、学費以外の収入面において大学をどう運営していくか、努力が問われる時代に入る。

 偏差値や就職実績と共に、“新しい指標”として大学の「財務状況」も注意深く見ていくべきだ。

(週刊ダイヤモンド委嘱記者 西田浩史)