ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

インサイト米国販売伸び悩みで軌道修正?
ホンダ電気自動車参入報道の真偽と深層

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第8回】 2009年8月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2009年8月22日(土)午前、時事通信、読売新聞電子版、産経新聞電子版などが一斉に伝えた。「ホンダが米国市場で電気自動車(EV)の販売を検討していることが22日、分かった」。

 各社報道によれば、今年10月の東京モーターショーでコンセプトモデルを発表、北米での2010年代前半の量産を目指すという。

 週明け24日(月)、ホンダ本社広報部に電話で上記記事内容について確認した。回答は「(ホンダ関連の電気自動車について)、日経(新聞)の報道として承知している。しかし、弊社からの正式コメントは出ていない」だった。

 筆者は4月末に本サイトで、「間違いだらけの電気自動車報道!トヨタとホンダが本格参入しない本当の理由」を書いた。また6月には、ホンダのエコカー関連事業を統括する環境安全企画室関係者のインタビューを行ったが、「電気自動車の研究をやっていないとは言わない」と曖昧な答えがあった。その6月、本田技研工業株式会社の代表取締役社長のバトンは、福井威夫氏から伊東孝紳氏へと受け渡された。

 こうした中、つまり4~7月、ホンダはアメリカで大きな悩みを抱えていた。鳴り物入りで投入したハイブリッド車、インサイトの売れ行きが思うように伸びてこないのだ。

インサイトの売れ行きは日本では好調だが、米国では目標を下回っている。写真は北米仕様のインサイト(2009年のデトロイトモーターショーで筆者が撮影)。

 全米のディーラーにインサイトが並び始めた4月以降の販売台数は2096台(4月)、2780(5月)、2079台(6月)、2295台(7月)と右肩上がりというには程遠い曲線を示している。

 対するトヨタ自動車のプリウスは、第三世代(新型)が5月にアメリカ上陸。10091台(5月)、12998台(6月)、19173(7月)と順調な伸びを見せている。プリウスは旧型車の在庫販売も含まれているとはいえ、新型プリウスへのお客の流れは確実に起こっている。

 北米ホンダの営業統括本部であるアメリカン・ホンダモーターは、こうした“インサイト低迷”をまったく想定していなかったようだ。「社内で調査している段階だが、原因をつかめないのが実情だ。市場での認知度はとても高いという結果が出ている。プリウスとは車格が違うとしてきたのだが…」とアメリカン・ホンダの広報担当者も釈然としない様子だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧