ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
健康食生活

暴飲暴食で疲れた胃をいたわる
白菜とリンゴのサラダ

植木もも子 [料理研究家・管理栄養士・国際薬膳師]
【第17回】 2012年1月5日
著者・コラム紹介バックナンバー

 人の集まる機会が多いお正月シーズンは、いつもより食べ過ぎたり、飲み過ぎたり、とかく暴飲暴食になりがちです。

 連日の暴飲暴食により胃が広がり、食べても食べても満腹感が得られないという恐ろしいことに。その結果、胃は熱を持ち、口内炎になったり、舌が炎症を起こしたりすることもあります。

 こんな症状が出たら、胃の動きを抑え、早めに胃熱を冷ますことが先決。ニンニク、唐辛子など温熱性の食材は避け、白菜、キュウリ、リンゴなど涼性のものを食べましょう。

 食事の量を抑えたいときは、まずサラダやスープなど、野菜や汁物で空腹感をいったん落ち着かせ、次に、肉や魚のメインディッシュ、最後に主食という順に箸をつけるようにします。ご飯は白米に発芽玄米や雑穀を混ぜると、かむ回数が増えることで満腹中枢が早く刺激され、食べ過ぎを抑えるのに効果があります。どうしてもご飯を減らせない人は、ゆでた白滝を細かく切って水気を切り、白米と半々に混ぜ合わせて食べるとよいでしょう。

 胃腸の疲れを感じたら、お粥や、やわらかく煮た野菜類、白身魚など消化のよいものをとり、油ものやアルコール、甘いものは控えて。

 胃腸が悪いと免疫力も落ちてしまいます。大切なのは、胃腸の調子を整え、適度な運動をすること。できれば毎日散歩することをおすすめします。体内の余分な脂肪が燃焼するには20分以上かかりますから、30分以上歩くことが、効果的な散歩のコツです。

胃の熱を冷ます作用があるため、冷え性、胃腸の弱い人にはNG

●疲れた胃に効く 白菜とリンゴのサラダ
 
材料(2人分):
白菜大3枚、リンゴ1/2個、レモン汁大さじ1弱、オリーブ油大さじ2、塩小さじ1/2
 
作り方:
①白菜を縦に5㎝幅に切って横に薄く切り、リンゴを4等分して薄いイチョウ切りにする。
②ボウルにレモン汁、オリーブ油、塩を入れて混ぜ、①の白菜とリンゴを加えて混ぜ合わせ、5分ほど置く。
③白菜の水気を少し切って盛りつける。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

植木もも子 [料理研究家・管理栄養士・国際薬膳師]

健やか料理研究家、管理栄養士、国際中医師・国際中医薬膳管理師。
遼寧中医薬大学付属日本中医薬学院の薬膳講師を務める。原宿にて薬膳と栄養学双方を取りいれた美味しい季節の料理教室と初心者のための男性料理教室を主宰。企業、レストランなどの健康メニューの提案、開発等を手掛ける。NHKテレビテキスト『きれいの魔法』にて、「きれいになる薬膳レシピ」好評連載中。近著『夜九時ご飯』(新星出版社)『欝に効く、食べ物、食べ方。作りかた』共著(保健同人社)『毎日作らないおかずの手帳』日東書院など
「毎日の食事が人生を作る」「美味しく!楽しく!健康に!」をモットーに活動中
HP  http://www.peachtreekitchen.jp


健康食生活

おいしい食事のあとは、満腹感より満足感が強いですよね。私たちの体は、毎日の食事から摂取した栄養でできています。この連載では、健康を保つための食事のとり方をご紹介します。体が喜ぶ食生活を考えていきましょう。

「健康食生活」

⇒バックナンバー一覧