ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
業界別 半年先の景気を読む

食べる時間帯・順番を守って、後は歩くだけ!?
“薬を使わない薬剤師”が提唱!我慢しないメタボ対策

小林昇太郎 [船井総合研究所 経営コンサルタント、富裕層ビジネス研究会主宰]
【第78回】 2011年8月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

肥満、高血圧、高コレステロール、高血糖…など、健康診断のたびに“メタボ”を恐れるビジネスパーソンは少なくないだろう。もしメタボと診断されれば、一般的に様々な薬によって治療することになる。しかし、“薬を使わない薬剤師”であり栄養学博士のKUMIKAさんは、自身が提唱する「感食」を行えば、薬に頼らずとも誰でもストレスなく簡単にメタボ対策を行うことが可能だと語る。「感食」とは聞きなれない言葉だが、一体どのような「食」を行えば私たちは健康になれるのだろうか。(聞き手/船井総合研究所:小林昇太郎)

普通の薬剤師が、ある日突然、
“薬を使わない薬剤師”になったワケ

KUMIKA(宇多川久美子)/1959年2月22日生。一般社団法人国際感食協会代表理事。有限会社ユアケー代表取締役。薬剤師・栄養学博士・ Happyウォーク主宰。「薬を使わない薬剤師」として活動。また、ドクターKUMIKAとして、50代とは思えないスリムでシャープな身体と行動力が物語る、説得力のある内容のセミナーや講演会で「感食」を指導。ウォーキングエクササイズも取り入れた「ムリなく楽しく痩せる」を実践するダイエットコンサルタントとしても定評。今年3月『Dr.KUMIKAのいただきますダイエット』を出版。

小林 昨年の11月に国際感食協会を立ち上げられましたが、どのような目的でこの協会を立ち上げられたのですか?

KUMIKA 私はもともと薬剤師をしていましたが、その時、患者さんにとって必要のない薬がたくさん出されていることに疑問を感じていました。それがきっかけで、薬で体を治すことよりも、薬を使わなくてもよい体作りのほうが大切だと思い、「薬を使わない薬剤師」を目指すようになりました。

小林 私自身も、KUMIKAさんの提唱されている「薬を使わない薬剤師」に大変興味を持っています。薬を使わなくてもよい体作りに必要なこととは何でしょうか。

KUMIKA まず、食生活を正すこと、それから食べることだけでなく、体を動かすことが大事です。私は、栄養学とウォーキングを学ぶことで、「感食」という考え方にたどり着きました。そして、薬を使わなくても健康に生活できる人を一人でも多く増やすため、この国際感食協会を立ち上げたのです。

感じて食べるのは人間だけ、だから「感食」

小林 「感食」とはあまり聞きなれない言葉ですが、どのような意味があるのでしょうか。

KUMIKA 感食とは「感じて食べる」と書くのですが、「感じる」ことは人間にだけ与えられたすばらしい特権です。私たち人間は、食べることをその他の動物のように単なる生命を維持するだけのものではなく、そこに「感情」をのせることができます。

 「食」という漢字は、「人を良くする」と書きますが、人は食事をしながら、それを調理してくれた人、食材となった生き物などに感謝することで、食べ物を大切にすることを学び、暴飲暴食も避けることができます。感謝して、感動して、感じて食べる、それが感食なのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小林昇太郎 [船井総合研究所 経営コンサルタント、富裕層ビジネス研究会主宰]


立教大学大学院 経営管理学修了。「日本をはじめ、世界の富裕層ビジネスの今を知ることが富裕層ビジネ スへの参入だけでなく、日本の多くの経営者の抱えている既存・新規ビジネスへの経営課題をも解決する」と考え、2009年4月、富裕層ビジネス研究会を立 ち上げる。研究会には、国内だけでなく東南アジア、香港、中東など海外から研究会への入会も多く、研究会からいくつもの新規事業を立ち上げている。多方面に渡るネットワークを国内外に持ち、それを活用しながら日本とアジアをつなぐビジネスプラットフォーム構築を船井総研の中で手がける。
著書:『ビリオネアビジネスの極意』(KKベストセラーズ)他。

富裕層ビジネス研究会 サイト

アジア進出.com~業種とテーマに精通する船井総研だからこそのアジア進出サポート

 


業界別 半年先の景気を読む

不透明な経済状況が続き、半年先の景気を読むことさえ難しい日本経済。この連載では、様々な業界やテーマで活躍する船井総研の専門コンサルタントが、業界別に分析し、半年先の景況感を予測していきます。

「業界別 半年先の景気を読む」

⇒バックナンバー一覧