ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

焼け野原から立ち上がった“現場力”は死なず!
再び世界の頂点を目指して、復活せよ日本経済

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第208回】 2012年1月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

不況に追い討ちかける大震災や超円高
本当に厳しかった2011年の日本経済

 2011年を振り返ると、わが国にとって大変厳しい年だった。08年9月のリーマンショックからようやく立ち直りつつあると思ったら、3月には未曽有の“大震災”に見舞われ、東北地方の工場などは大きな痛手を受けた。福島の原子力発電所の問題解決には、なお多くの時間を要することだろう。

 その後もタイで大洪水が発生し、自動車産業を中心に、進出した多くのわが国企業が被害を受けた。金融市場では史上最高レベルまで円高が進み、輸出企業などの収益に痛手を与えた。わが国の政治は、そうした厳しい状況に十分な対応ができていない。

 ただ、そうした厳しい条件にもかかわらず、被災地の人々は復興に向けた歩みを始めている。わが国企業も、収益の改善を目指して一層努力している。

 わが国は決して「強さ」を失っていない。それは、被災地の多くの人々が明日の希望に向かって歩む姿を見てもわかる。あるいは、企業の業績回復のテンポを見ても理解できる。

 確かに、家電製品やスマートフォンなどでは、韓国や台湾の企業が台頭した。しかし、そこに使われている部品や部材などの分野では、依然として相応の優位性を維持している。

 わが国企業の多くは、組み立て型(アッセンブリ)から、技術集約性の高い部品などの供給にビジネスモデルを変えて、しっかり生き残っている。それを過小評価すべきではない。

 そして、もう1つ忘れてはならない点は、わが国経済を支える“現場力”だ。政治が頼りなくても、大震災に見舞われて工場は大きく損害を受けても、多くの人々が力を合わせて復旧に努めた。

 その結果、わが国経済は、予想以上の復興のスピードを示すことができた。その“現場力”は、多くの海外メディアから称賛されている。

 我々は、誇るべき“現場力”を忘れてはならない。2012年は、その“現場力”をもっと有効に使うべきだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧