ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
森信茂樹の目覚めよ!納税者

消費増税議論(その3)
国民負担増の全体図を知らなかった税制当局
経済全体を考える真の指令塔を設置せよ

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]
【第18回】 2012年1月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ようやく決まった一体改革素案
前途多難は必至の情勢

 年末も押し迫って、ようやく社会保障・税一体改革・消費税率の引き上げの素案がまとまった。筆者は、年内合意は無理ではないかと思っていただけに、総理が自らの言葉で時間をかけて議員を説得し、曲がりなりにも年内に合意したことは、貴重な第1歩として、素直に評価したい。

 あくまで素案だから、法律の制定までには、想像もできないような困難が控えている。冷静に年末の出来事を振り返ると、いろいろなところで腑に落ちない決定が行われており、それが、今後国会での平成24(2012)年度予算審議、とりわけ予算関連法案を通す際の、大きな足かせとなるのではなかろうか。

 以下、今後の課題を私なりに取り上げてみたい。

奇策の交付国債まで駆使した
平成24年度予算は改革に逆行

 本来、消費税を引き上げるためには、あらゆる行財政改革をして、その努力の延長に消費税の引き上げをお願いするというのが通常のやり方だ。しかし、平成24年度予算はその逆を行っている。

 整備新幹線や外環道など、自民党時代への回帰ともいうべき公共事業の復活と、相も変わらずの、ばらまき社会保障予算である。この結果、夏に閣議決定(!)した予算のルールが守れなくなり、交付国債で年金財源をねん出するという奇策で対応せざるをえなくなった。

 オリンパスの飛ばしが問題となっている時期、基礎年金国庫負担引き上げに伴う財源手当てを交付国債で行うというのは、国家もそこまでやるのかと驚く内容だ。

 この原因は、いうまでもなく財政削減が十分でなかったことにある。そのため、そのままでは予算が組めなかった(ルール違反になる)ことが原因だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]

(もりのぶ しげき)法学博士。東京財団上席研究員、政府税制調査会専門家委員会特別委員。1973年京都大学法学部卒業後、大蔵省入省、主税局総務課長、東京税関長、2004年プリンストン大学で教鞭をとり、財務省財務総合研究所長を最後に退官。その間大阪大学教授、東京大学客員教授。主な著書に、『日本の税制 何が問題か』(岩波書店)『どうなる?どうする!共通番号』(共著、日本経済新聞出版社)『給付つき税額控除』(共著、中央経済社)『抜本的税制改革と消費税』(大蔵財務協会)『日本が生まれ変わる税制改革』(中公新書)など。
 

 


森信茂樹の目覚めよ!納税者

税と社会保障の一体改革は、政治の大テーマとなりつつある。そもそも税・社会保障の形は、国のかたちそのものである。財務省出身で税理論、実務ともに知り抜いた筆者が、独自の視点で、財政、税制、それに関わる政治の動きを、批判的・建設的に評論し、政策提言を行う。

「森信茂樹の目覚めよ!納税者」

⇒バックナンバー一覧