ロンドンのビルが相次いで中国・香港資本に買収されている

ロンドンの大型ビルを
相次いで中国・香港資本が買収

 ロンドンといえば世界の金融の中心。第2の金融街といわれるカナリーワーフで、昨年いくつかのビルが中国・香港資本によって買収された。「5チャーチヒル・プレイス」「20カナダ・スクエア」は中国の祥祺集団が、また「15カナダ・スクエア」は香港の建滔化工がビルオーナーになった。

 英国の名門ブランドも、次々と買収されている。ジャガーは2008年にインドに買われた。英国の大衆車ミニはドイツのBMWに買われ、ロンドンタクシーの製造会社は中国に買われた。日本の大手自動車メーカーの社員によれば、「2010年代初頭には、英国資本の自動車メーカーは消滅した」という。

 近年、英国では中国企業による買収が活発だが、「英国の名門ブランド」は、1980年代はアラブ資本に、90年代はロシア資本に買われてきた歴史がある。2000年代からはこれが中国資本に取って代わった。

 ロンドンに駐在歴を持つメガバンクOBは、「中国資本による買収も自然な流れ」だと語る。