中国人が憧れる英国の現実

 これまで2週に渡って英中間の国家戦略を見てきたが、今回は一般の中国人の「対英観」を取り上げてみたい。果たして、現在の英国は中国人の目にどのように映っているのだろうか。

 筆者は、上海市出身の宋敏さん(仮名・男性・50代)から話を聞いた。

「中学生の英語のテキストに、英国の紳士・淑女が描かれるパートが出てきます。それが初めて知る英国でした。私たちにとって英国は憧れの国でした」

 その宋さんが「これは友人から聞いた話だ」とし、英国人に嫁いだ女性の話をしてくれた。彼女は結婚した英国人の夫に連れられ、英国のある地方都市を訪れた。家に足を踏み入れると、暮らしぶりは決してよくないことは一目でわかった。そのときの印象を、彼女は宋さんに「その貧困さときたら、それはひどいものだ」と語ったという。

 続いて彼女は、夫の妹の家を訪れた。そこで見たものは「夫の実家を上回る貧しさだった」という。

 確かに英国は、先進国といえども地方都市は財政難を抱え、決して潤っている状態ではない。特にイングランド北部は、重厚長大産業からの構造転換に乗り遅れ、財政再建の課題を背負う都市もある。国民の生活も、金回りのいいロンドンを除けば、決して良好な状態にあるわけではない。宋さんは次のように語っている。