業界では非常に好評だったスピードパス。2019年7月には姿を消すかもしれない Photo by Ryo Horiuchi

 業界トップというプライドが、合理的な判断を阻む結果につながったのだろうか。石油元売り業界首位のJXTGホールディングス(HD)は、セルフガソリンスタンド(GS)の新ブランド「エネジェット」を発表。その新しい決済ツールとして「エネキー」を2019年7月から展開することを決めた。

 17年4月に、業界1位のJXHDと3位の東燃ゼネラル石油が経営統合し、国内ガソリン販売シェア50%を超える巨大企業になったJXTG。こうした吸収合併にはつきものだが、のみ込んだJX側の流儀が、のみ込まれた東燃側のそれを駆逐し続けている。

 今回の決済機能サービスの一本化もその典型であるといえそうだ。エネキーは、旧東燃系のセルフGS「エクスプレス」で採用するために開発された決済ツール「スピードパス」に“取って代わる”サービスとなる。

 スピードパスとは、キーホルダー型の非接触決済ツールで、17年末時点で、なんと570万本も普及しているのだ。給油が素早く簡単にできる決済ツールとして、業界内での評価はすこぶる高い。そのため、統合後もスピードパスが温存されるかどうかが注目されていた。