ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

大人の町工場見学ツアーに、台湾経由の中国進出。
モノづくり集積地・東京都大田区で垣間見た
未だつかみきれない日本産業界再生への糸口

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第101回】 2012年2月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

工場街を「ちい散歩」気分で!?

 全長5.6km。まるで、路面電車のような雰囲気で、東京都大田区内を走る東急多摩川線(旧目蒲線・多摩川駅~蒲田駅間路線)。その全7駅のちょうど真ん中に位置するのが、下丸子駅だ。平日は近隣のキヤノン本社などに向かうサラリーマンや、地元住民が利用している。

2012年2月4日・土曜日。「おおたオープンファクトリー」の基点となった東急多摩川線・下丸子駅前。  Photo by Kenji Momota

 だが、今年2月4日には、駅前ではいつもと違った光景が見られた。そこには、“おおたオープンファクトリー”主催者のしるしである、赤い帽子を被ったり赤い作業つなぎを着た人たち、そして白とオレンジ色でプリントされた“おおたオープンファクトリー”の案内地図を広げる人たちの姿が目立った。

 このイベントは、首都大学東京、横浜国立大学、東京大学の共同研究母体である“モノづくり観光研究会”と、大田区観光協会が協力して主催したものだ。「大田の技に会いに行こう!」をキャッチコピーに、日本有数の機械産業系モノづくり企業の集積地・大田区で、モノづくりの現場を一般公開したのだ。

「おおたオープンファクトリー」実施風景。株式会社伊和起ゲージでボールベアリングの組み付け実演を見る参加者たち。
Photo by Kenji Momota

 こうしたイベントは同区史上、初である。工場や商品展示施設を公開した企業は20社20ヵ所で、そのなかで3つの形態の催しが同時進行した。第一は、ウェブサイト事前予約制の工場見学・体験ツアー。これは子ども向け、巡回地域限定など5種類のツアーで構成されている。第二に、本イベント参加工場のうち10ヵ所を“軒先オープン”と称して、午前10時~午後5時まで、事前予約なしでふらっと立ち寄っての見学を可能に。そして第三が、“定時オープン”。これは“軒先オープン”と一部併催され、1回30分間の公開時間指定型だ。「事前予約は予定数が埋まった。また当日参加者も多く、我々の想定以上の盛況だ」(主催関係者のひとり、横浜国立大学院生の奥田良太さん)という。

 筆者は同日、午前10時半~午後3時まで「軒先オープン」を廻った。その間に各工場内で会った参加者、または“モノづくり観光研究会”の各大学生・院生が引率するツアー参加者を見る限り、その多くが中高年だった。親子連れは珍しく、30代前後のカップルやネクタイ姿のサラリーマンコンビも時折見かけた。

 近年、テレビでは「ちい散歩」(テレビ朝日系列)、「ブラタモリ」(NHK)、そして「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京系列)など、都市型街歩き番組が人気だ。そのため、各地方自治体や旅行代理店が街歩きツアーを催すことも多い。また、工場見学ツアーも人気で、首都圏向けの専門ガイドブックが発行されるほどだ。こうしたトレンドに、“おおたオープンファクトリー”は上手くハマったといえる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧