ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ずんずんの社内営業でずんずんいこう!
【第1回】 2012年3月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
ずんずん

第1話 転職したては最下層

1
nextpage

はじめまして。ずんずんです。
金融系企業でまったりとマネージャーをしています。
最近ブログやツイッターで、若い人から悩みを聞いてほしい! という連絡を頂くようになりました。全員に御会いしてお話を伺わせていただきたいところですが、ずんずんは分身もできなければ、そんなに金もありません……
でも、ざっくり聞いてみると、皆さん人間関係で悩んでいるようですね。ちょうどいいタイミングで連載の依頼をいただいたので、外資系勤務の時代に編み出した私なりの「社内営業術」の話をしてみましょう。

 

  ここは華の東京、丸の内。
  超高層ビルが立ち並ぶオフィス街で、ずんずんさん(24歳)という1人のうら若きOLがいました。

  はぁ…金が欲しい…。

  ずんずんさんは、職場の唯一の安息の場所女子トイレの個室でいつもの様にため息をつきました。

  ずんずんさんは、先月転職したばかりの新人です。
  ずんずんさんは、ぶっちゃけ、使えない新人でした。

  全く新しい仕事で、知らないことばかり。
  ミスも連発、怒られっぱなし。

  余りの使えなさに、オフィスでの地位は最下層でした。

  もはや人間ではない。

  そんな目で同僚に見られていました。

  そんなことを言ったって、全く知らない仕事を、ある程度経験がある人と同じレベルを求められるのは辛いことです。

  やはり、どんなに努力したって、仕事を覚えるにはある程度の時間がかかります。

  その慣れない時間の間をどうするか。
  慣れない間をどう誤摩化すか。

  早く人間になりたいずんずんさんは、必死に考えていました。

次のページ>> 「てへ!ぺろ!!」の極意
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/7~5/13)




ずんずんの社内営業でずんずんいこう!

自称ツイッターアイドルの「ずんずん」が、外資系投資銀行という戦場で磨いたサバイバル技術をネットスラング多用気味で解説します。若手の皆さん、社内営業をするなら、ここまでやらなきゃだめですよ!

「ずんずんの社内営業でずんずんいこう!」

⇒バックナンバー一覧